無料
エロ
動画
様々なジャンルのアイドルを探索!世界の楽しいニュースに喜怒哀楽。理想のアイドルを求めて・・・
『平和度指数』世界ランキングが発表。平和ボケと言われる日本は5位。
2007年05月31日(木) 14:29
嫌な殺人事件や拳銃による事件などが話題になっている日本ではあるけれど、世界を見渡せば、それでもまだまだ平和な国だということが数字で表された。

【ロンドン30日時事】英経済誌エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が30日公表した世界121カ国の「平和度」指数で、日本が5位にランクされた。隣国との関係は緊張状態にあるものの、政情が比較的安定しており、重大犯罪が少ないことなどが評価された。
 同指数は、(1)2000年から05年の間に他国との戦争や内紛が起きたかどうか(2)治安状況や政治的安定性(3)国内総生産(GDP)に占める軍事支出の割合−など24のデータを総合的に数値化して比較した。トップ3は1位がノルウェー、2位ニュージーランド、3位デンマーク。最下位はイラクで、ワースト2位はスーダン。米国は、巨額の軍事支出や紛争への関与から、先進国中では最低の96位だった。アジアでは韓国が32位、中国が60位などとなっている。


この数字は外交に上手く使えるのかな?

外交下手の日本は、こういったデータも上手に活用してもらいたいものだが。

平和ボケと言われるが、平和であることは自慢できることでもあるんだよな。







平和ならでは、毎晩オナってるし(^^ゞ

↓『平和だった時の図』(笑)

陣内・紀香 披露宴生中継が高視聴率だったらしいね。
2007年05月31日(木) 14:01

昨晩は野球中継をスカパーで見つつ、藤原紀香の披露宴の様子も同時に見てました。

3つのモニターを見てる私もどーかと思われますが(^^ゞ

中日の多重エラーのヘタレぶりを笑いつつ、披露宴は生中継だけに何かハプニングが起こらないかなと見てましたねー。

神戸から中継だったので徳光の司会は嫌だったんだけどなぁ、などとツッコミながら、滞りなく進行してましたな。

藤原紀香が24時間テレビで貧困の国の子供を訪ねてるボランティア番組がありましたが、この結婚をみて本当にボランティア精神あふれる人なんだということがよく解かりました。

ひろみGo!が「お嫁サンバ」を替え歌にしてお祝いのパフォーマンス中、たむけんが持ちネタの獅子舞を披露しようとしたら、警備員に捕まって正座させられ注意を受けてたらしいね(笑)。

なんだかんだでこういう場には合う人だねー(郷ひろみ)。

予想通りだったが、今人気急上昇中のムーディー勝山も披露宴を右から左に受け流してた。


なんでも10g2000円の神戸牛のステーキやら関西尽くしで、一人約5万円の料理が振舞われたそうな。芸能人の披露宴って、下衆な話、お祝いをどれくらい包むんだろうなぁ(^^ゞ
昨晩、阪神西武戦をラジオ中継で解説してた坂東英二さんは「おかげでお祝い出さないから解説で良かった」と笑わせてましたが。


で、視聴率は関東で24.5%、関西では40%。
瞬間最高も47%を超したとか。東西の温度差はあるものの、すごい人気だなぁ。

島田紳助は「吸収合併や」と、横綱の口上じゃないけど四文字熟語で表現してたね。

中継の最後に、会場の外でのキスシーンを演出して、初めて「ドッキリ」じゃないことを確信したわけだが(笑)。実はこの日、テレビ朝日「笑いの金メダル」の最終回が同一時間に収録されていたらしいです。ある意味、現在のお笑いブームの頂点であり、ここから下降線をたどるのか、色んな事を推測させる瞬間にもなった気がします。

なんでもかんでも、毎度同じお笑いタレントが出てくる現在のテレビ番組や芸能界が正常だとは思えないから。

ま、それでも昨日のお二人さんは上手い事続いて欲しいね。



終ってみれば、まぁまぁマシな披露宴中継でした。


今日からは中出しHで少子化問題にも貢献してください。

最近のできちゃった婚が当たり前のような若者が横行する中、ちゃんとしたタレントがちゃんとした段取りを踏んで披露宴をしたことも高視聴率につながったんじゃないかと思ったりしました。


とりあえず、おめでと\(^o^)/
追悼・ZARD坂井泉水さん永遠なれ。
2007年05月30日(水) 12:04


ZARDの坂井和泉さん(享年40、本名・蒲池幸子)の突然の訃報から一夜明けた29日、坂井さんの通夜が都内の斎場で密葬として営まれた。東京・六本木の所属事務所には1200人を超えるファンが献花に訪れ、早すぎる死を悼んだ。また、ZARDのCDが全国のレコード店から消える事態も発生。来月27日には東京・青山葬儀所でファンに向けた「ZARD/坂井和泉さんを偲ぶ会」を執り行うことも決まり、音楽葬で坂井さんを天国へ送る。    byサンスポ


私はそんなに盲目的ファンでも無かったんですが

部屋を見てみると、CDも数多く棚に並んでいた。

アイドル好きの私なりの追悼企画で、昔の歌番組に出演した画像を紹介しましょう。
これは1992年頃のフジテレビ「サウンドアリーナ」という番組に出演したもの。かなり緊張していて坂井泉水さんの受け答えも固いが、表情もなんだかこわばってるように見えるのは私だけ(^^ゞ

これを見ると5人組のバンドに見えますが、ほとんどバックバンドで歌唱シーンにも写されることもない男性メンバーたちで、やはり坂井泉水ソロ・プロジェクトなんだなということがよく解かります。

この番組で唄われたのは『眠れない夜を抱いて』1992.8.でした。この曲はテレビ朝日「トゥナイト」のエンディングテーマに使われてたようですが、オリコン最高8位でこの年45万枚以上の売上げを記録してます。
こうしていろんな角度から坂井泉水さんを見てますと「横顔美人」ですねぇ。昨日からのニュースで元メンバーだった方のコメントでも「すごく上がり症」ってことを言ってましたが、この番組でもトークはたどたどしかった(笑)。

現在の歌番組では、何かと笑いが取れるトークをしないとダメなイメージを持たれるので、坂井泉水さんのようなタイプはやはり出演が無くて正解だったのかもしれませんね。
この「サウンドアリーナ」は「夜ヒット」と「Mステ」の中間のようなスタイルで、とても静かな歌番組だったことが良かったかも。

ごらんのように司会者が3人もいて、田代がいては再放送の望みも、現在では叶わないのかもしれませんね。
共演のCoCoとの身長差も
なんだか興味深いです(^^ゞ

テレビの歌番組は「Mステ」での『負けないで』が最後だったらしいですね。

レースクイーン時代の写真を紹介して最後にしましょう(T_T)


       
          


   


合掌m(__)m

★よっしゃ〜さんなら、この曲にも何か思い出がありますか?
Jada Fire のド迫力(^^ゞ
2007年05月30日(水) 11:29
Jada Fire 31才 

黒人AV女優です。

USA/カリフォルリア ロス・アンゼルス出身
1976.9.1.
T152.B91−W60−H91

その迫力のボディとNGの無い
プレイの数々でマニア人気のある女優さんです。
って言っても演技的な作品をほとんど見て無いので、SEXパフォーマーと言ったほうがいいのかもしれない。

今回チェックした作品も何人かの黒人モデルが白人男優とハードな白黒ショーを見せつけるものでした。
もうUSAをはじめ世界のAVでのダブル・ペネトレーションはスタンダードなプレイの一つになってますね。日本でもできる女優さんがすごく増えてます。そう言えば「ブッカケ」はAVの世界では標準語になってるとか。

このJada Fireにいたっては、1穴2挿もやってるからなー。
しかも日本でも当たり前になってきた「中出し」もやってる。

いろんな性的病気も多い中、あらゆるプレイができる女優や男優は、ある意味すごく健康な人たちなんだな(笑)。
今はハードSMもやってるようなので
ぜひとも見てみたいんだなぁ\(^o^)/

それにしてもアメリカはどんなタイプでもデビューしてるんだなーと、ヘンな感心もしてます(^^ゞ
森理世さん、ミス・ユニバース・ワールド2007に輝く!!
2007年05月29日(火) 20:29
2007年ミス・ユニバース・コンテストが28日(日本時間29日)、メキシコ市で開かれ、日本代表の森理世さん(20)=静岡市出身=が優勝した。ミス・ユニバース・ジャパン事務局によると、日本人の優勝は1959年の児島明子さん以来48年ぶり。
ロイター通信によると、優勝した森さんは「(驚きで)頭の中が真っ白です」と語った。
昨年のコンテストでは知花くららさん=那覇市出身=が2位に輝いた。

参加者77人のうち、2位はブラジル、3位はベネズエラの各代表に決まった。

森さんは静岡県出身で、高校時代からカナダ留学しバレエスクールでダンスを勉強。現在は静岡市内で母親が経営するダンススタジオで、ジャズダンスのインストラクターとして働いている。174センチの長身にワイルドな風貌が印象的。

AP通信によると、森さんにはダイヤモンドや真珠があしらわれた25万ドル(約3000万円)相当の冠が渡された。(共同)

本ブログでも3月16日に 
日本予選の模様をレポートしましたが、驚きの、そして喜ばしい結果になりました。前年、知花くららさんが2位に輝いた時、日本のミス・ユニバース候補者を指導しているトレーニング・コーチの女性が「去年、くららが2位なったことで今年は1位をもらってもおかしくないステータスを日本は持った」と語ってましたが、本当にその読み通りの結果が出ました。今年の本選会はメキシコで行なわれると言う事で、ミス・ユニバース・ジャパンでも日本的な美人というよりもラテンな美人をテーマに選ばれトレーニングされていたんだと思われる。
近年は見た目の美しさよりも知性や動きの
総合的な美しさを競う場になってきてますね。

森理世さんの夢は世界的に有名なダンスカンパニーを作って、世界中を回ることなんだそうだ。
さすがに言うことも大きい\(^o^)/ 
今回はステージで、そのダンスの腕前も披露して喝采を浴びたようだ。
それにしても日本人の体形はレベルアップしたよねー。

しかし、水をさすようで悪いが今年の各国のミス・ユニバースは、私の好みからすれば、レベルはイマイチでした(^^ゞ
せいぜいライバル的なのはミス・アメリカ


                        そして、ミス・パラグアイくらいか。

他のバルバ◯ス、カ◯ダ、プ◯ルトリコ、コス◯リカなどのミスはプロポーションだけで
もう一つ個人的には好きになれませんでしたねぇ。
さて森理世さん
1年間のミス・ユニバースとしての活動の後は、本業のダンサーとして活動をするようです。そして1年間準ミスとして活動した知花くららさんはタレントとしての仕事を選んだようです。

いや〜人も馬も、日本女性のレベルは世界的だ\(^o^)/
おめでとう!!

昭和アイドル探訪・1 『大原麗子』
2007年05月28日(月) 23:08
昭和21(1946)年11月13日生まれ

身長157cm

甘いハスキーボイスと魅惑の瞳で

昭和40年から48年までの東映「裏」番組映画で最高に可愛くキレイだった。

テレビに進出してからの方が一般的には人気になった感じがするが

CMなどでブレイクした時はすでに34歳くらいで

ピチピチの20才代の活動は映画の世界がメインだった。

テレビに活躍の場を移した時は

渡瀬恒彦との1回目の結婚が終了してた記憶があります(^^ゞ

よく東映時代の噂で「不良番長」シリーズに出てたベテラン俳優達にヤラれてたってのも、私的にはそんな下積み時代の噂もOKだ\(^o^)/ 男が寄ってこない女優さんなんか魅力が無いからね。男を知ってての艶技が彼女のいいトコだった。

ああ見えて私生活は仕事中心だから、男まさりなんですよね。
森進一との2度目の結婚も4年間くらいで離婚となったが、最近の森進一評を見聞きすると、大原麗子よりも森進一側に問題がありそうですね。

お薦め映画は「夜の牝犬」1966、「奇妙な仲間おいろけ道中」1970、「非行少女ヨーコ」1966、「三匹の牝蜂」1970、「不良番長手八丁口八丁」1971、「(秘)トルコ風呂」1968...etc

残念な事になかなかDVD化されてない映画が多いです。


こういったタイプのAV女優さんが出てこないかなぁ。

結局、大原麗子は全裸は一度も披露しなかったからね。
ちょっとブレイクタイム。
2007年05月28日(月) 21:43
まだまだ膝が疼く毎日でございます。

いい景色を見ながら

お茶でも飲みながら

脚を伸ばしております(^^ゞ



手元のビデオを見てみますと

辻ちゃんが「新・堂本兄弟」に出てたシーンが収録されてた。

あはははは\(^o^)/


いいブレイクタイムになったかな(^^ゞ
ZARDの坂井泉水(40)さんが死去(T_T)
2007年05月28日(月) 13:05
人気音楽グループのZARD(ザード)のボーカル坂井泉水さんが脳挫傷のため死去した。40歳。

今朝の共同通信が伝えてた・・・・ΣΣ(゚д゚lll)エエッー!!


ZARDの坂井泉水と言えば、レースクイーン時代に蒲池幸子の名前で出した写真集がものすごいプレミアがついてたりして、歌の大ヒットもすごいけど、ビジュアル的にも人気のある人だった。
しかし、ZARDとしてのメディア露出は戦略とはいえ、ものすごく少なかった。


闘病中のZARD坂井泉水さん、慶大病院で転落死 (YOMIURI ONLINE)

人気ポップスグループ「ZARD(ザード)」のボーカリスト坂井泉水(いずみ)
(本名・蒲池幸子)さん(40)が、入院先の東京都内の病院敷地内で 死亡していたことが、28日明らかになった。
警視庁四谷署によると、坂井さんは入院先の慶応大付属病院(新宿区)で、
26日午前5時40分ごろ、病棟の非常階段で倒れているのを通りがかった人が発見した。 27日午後に死亡が確認された。
同署では争った形跡がなく遺書もないことから、事故死と自殺の両面で調べている。
坂井さんの所属事務所は28日、「不慮の事故で死亡した。(坂井さんは)昨年6月、 子宮頸(けい)ガンで入退院を繰り返し、闘病生活を送っていた」とのコメントを出した。
坂井さんは、モデルなどの活動を経て、ポップスグループ「ZARD」の
ボーカリストとして、1991年にシングル「Good―bye My Lonliness」でデビュー。その後、春の選抜高校野球の入場行進曲にもなった「負けないで」(93年)、「揺れる想(おも)い」(同)などがヒット。
近年では、シドニー五輪のNHK公式テーマソング「Get U’re Dream」(2000年)などがある。




ニュースで流れた通りなら、なんて淋しい最後なんだろう。

日本のミュージックシーンに確かな足跡を残した歌姫として、永遠に記憶にも記録にも残る歌手でした。
6枚目のシングル「負けないで」は、ドラマ『白鳥麗子でございます』の主題歌だったけど、そんなことはすぐに忘れられ、今や24時間テレビのマラソン応援歌として認知されてる大ヒットを通り越して、スタンダードナンバーになっている。



今夜は彼女のベスト盤を聞き、ご冥福を祈りましょう。



及川奈央・2 名作「裏・及川奈央」を鑑賞。
2007年05月28日(月) 02:29
『裏・及川奈央』2002.5.ミリオン

これは及川奈央のAVでの傑作の1本ですが、監督をした溜池ゴロー氏にとっても、その後の作品作りの基本になった、ある意味金字塔なのかもしれません。監督が現在、自分のレーベルでリリースしている作品はほとんどが、この「裏〜」と同じスタイルで撮影されているからです。


今、あらためてこのミリオン時代の作品を見てみると、及川奈央のコンディションが必ずしもベストではなかったんだなと思うことがある。メイクで上手く処理してはいるが、けっこう目の下に隈を作って絡みをしてるんだよね。
マジイキすると泣いてしまうから、余計に目立ってしまう。しかし、それがまた表情にいい効果をもたらしていたこともあるんだよねー(^^ゞ
他の作品もついでに見たけど、ミリオン作品は目の下に隈ができてる作品が多く、当時はけっこう忙しかったことが伺えますなぁ。

まずは溜池ゴロー監督とハメ撮り。

このパートは正直、監督がうらやましいと思ったSEXをしてます。奈央ちゃんも可愛いし。

この作品の最大のマイナスポイントはとにかくモザイクを大きさだ。

今時それは無いだろうって感じでしたので、私の持ってる奈央ちゃんの無修正作品から場面にあったノーモザイク・カットを挿入することでちょっとモンタージュ効果を出してみましょうか(笑)。

責められる奈央は、舐めダルマ斉藤氏と南女史による各種バイブ責めも定番だ。

ここも別作品からバイブ挿入シーンをインサート。

バイブ突きまくられ、舐めダルマのクンニに激しくイキまくる奈央。
イマラチオ。
これまた今では定番だが、この奈央がガンガンにやられるのを見た時は衝撃でしたねー。

さてこの「裏」ってタイトルはその女優の表向きの顔でなく、裏の素顔をさらしてしまう意味があるんだが、裏門、つまりはアナルファックをされてしまうのも「ウリ」でした。加藤鷹によるじっくりとしたアナル責めからバックファックに
すでに何度かアナルファックをこなしていた奈央も、初めてのアナルアクメに感激の涙。そしてわずかばかりの脱糞汁をこぼして涙。
ラストはアナルファックで奈央はイケとも、鷹はまだイッてないぞと、マンコに刺し直してファック。
何度目かのアクメの後、顔射フィニッシュ。

この作品も最新デジモにして再販してもらいたい1本だ。ミリオンはそのへんのファンのキモチをなかなか理解してくれないメーカーだ。いい女優さんを多く抱えていたりもするんだが、この頃から上手に生かせてないよとよく言われてたねー。

第74回ダービー馬はウオッカ!!
2007年05月27日(日) 17:19
驚いた。
64年ぶりの牝馬が、と言うよりも勝ちっぷりの素晴らしさにシビレたぁ!!



それにしても皇室の方のフェミニストぶりはどうだ。

彼らが来場すると牝馬が必ず勝つという伝説が出来始めているぞ。

スポーツ紙や番組で女性タレントがウオッカを予想するのは当然だが、ここまで鮮やかに勝たれてしまうと、今年の牡馬のレベルは低いと言われても仕方ないのかも。
レポーター陣もうれしいんだろうなー。



昨晩の予想はいったい何なんだとヘコんでしまいます。

結局サイン馬券だったのか。
1.皇族が来たから牝馬(ウオッカ)が勝つ。
2.日本的な王様(アサクサキングス)が来た。
3.しかもオーラがある(アドマイヤオーラ)

ヴィクトリーやフサイチホウオーはどこへ逝った?
ヴィクトリーの後方から競馬はいったい何だ?

さて、馬券は当然ハズレてるんだが....。

               ΣΣ(゚д゚lll)エエッー!! なぜか当たってる連勝複式馬連馬券がある。
実は本日、牝馬が出るからと、妹がたった200円だけ買った誕生日馬券が的中してやがる(T_T) 
200円が108'000円になっちまってる。

もう頭を使うのやめようかなー(笑)。

しかし、アサクサキングスの逃げが予想できなかっただけで、他は掲示板に上がった4頭を押さえてただけに悔しいものが残りますなぁ。

ウオッカおめでとう!
競馬の祭典 『第74回東京優駿・日本ダービー』 明日開催!!
2007年05月26日(土) 22:41

いよいよダービーの日がやってきた。
他のレースが外れようが、当たろうが、このダービーを獲ると気分がぜんぜん違う。

ま、すべてギャンブルで獲得配当金だけに興味がある人にはどうでもいい話だ(^^ゞ

平成元年から昨年まで18頭のダービー馬のうち、1番人気で優勝したのが12頭いる。
けっこう1着は固いイメージのレースだ。
しかし、2着以下はけっこう荒れるし、全ての騎手が色気を出して勝負するレースでもある。

今年の1番人気は前走の皐月賞3着フサイチホウオー。


自己分析をしてみると、平成元年からは7回の的中がある。
会心の的中はフサイチコンコルドが勝った第63回ダービーだった。しかし、あれはダビスタ・マニアなら誰でも予想できたレースだった(^^ゞ

一番最後の的中はタニノギムレットだったかも。

今年は何の因果か、フサイチはホウオーが、タニノはウォッカが出走する。


さて注目馬に印をしてみよう。

◎ヴィクトリー
○フサイチホウオー
▲ウォッカ
△ドリームジャーニー
△サンツェッペリン
△ヒラクボロイヤル
△ゴールデンダリア
△アドマイヤオーラ
△ローレルゲレイロ
×フィニステール

ダービーだけに多数選んでみた
私の本命はヴィクトリーを指名することにした。
大穴で制した皐月賞からダービーを勝ち2冠馬になった馬を2頭知ってます(^o^)
それはカツトップエースとサニーブライアンですが、やはり大穴だったので強烈な記憶に残ってます。2400mを逃げ切るのは難しいと言われながらも、強い馬は何頭も逃げ切り2冠を勝ち取っています。

今回のヴィクトリーはその素質は充分あると見てます。
鞍上もGIの呪縛が解けた田中勝春がノッている。

△印にした馬達も逆転の目はあると、すべて馬複で買おうと思ってます。
ドリームジャーニーは2歳チャンピオンなのに忘れられている今が追い込みチャンスかも。
サンツェッペリンも皐月賞を折り合って先行した2着馬なのに、意外なほど人気が無い。

当日は皇太子が観戦にやってくるという。
一昨年、陛下が観戦した天皇賞秋は14番人気の牝馬が勝つというサプライズがあったが、明日のダービーでも紅一点の牝馬ウォッカがやるのか。
浅尾リカ・3 『セル初!超デジモ』は可愛さを前面に出した傑作。
2007年05月26日(土) 21:04
またまた、また浅尾リカを見た。

「イカセチャレンジ」あたりで、現状の浅尾リカができることを全て出したから、類似品でしばらく引っぱるんだろうなと、高をくくってました。

しかし浅尾リカはやはり只者じゃなかった\(^o^)/
可愛いヤツだった。


これは浅尾リカのセルが初なんではなく、ミリオンの「超デジモ」使用がセル初なんだそうな(笑)。
わかりにくいタイトル付けるんじゃねーよ。

まずはセルフカメラ撮影で自室から、監督の質問が書かれたノートを見ながら、答えていきます。
セールスポイントを訊かれて「感じやすいので見てる人がいっしょにイッてくれるのでは」と、なかなか自分を理解してる様子も見えます。また、SEXの下手な愛してくれる人と、SEXのバツグンに上手い男はどちらがいいかと訊かれて「好きな人とだったら下手でもいい」と可愛い答えを言ってますね。
いよいよ本編スタート
まずは戸川氏と愛情をこめて一発。
すでに何度も絡んでる相手でハメ失禁をするほど、リカちゃんにとってはお気に入りの男優さんの一人みたいだ。
失禁と言えば、オープニングのQ&Aで興味あることに「男の人から小便を浴びせられたい」みたいなことを言ってたから、いずれは陵辱物も実現しそうだ。
ゆっくりまったり愛撫され、にこにこ笑顔で巨根が刺さると、苦悶の表情を見せ、わざと跳ね上げるように抜いたり入れたりを繰り返されると、その度にビクンビクンとイキます。この反応が可愛いし感度の良さがステキ。
そして顔射、お掃除フェラもしっかりしての輝く笑顔がいい。

今回の作品は派手なプレイよりも浅尾リカの可愛さを前面に出した作りを心がけている感じだ。
とは言いつつも超高感度なリカちゃんの身体が普通のAVプレイを迫力ある映像に演出しています。このなかなかの長さがある改造バイブを深々と突きたてられて悶絶するシーンはちょっとビックリ。「奥に当たってキモチ良かった」そうだ。
キッチンに立つリカちゃんを背後から迫り大量潮吹き愛撫。
ローターをハメたままのファックなど、見た目は地味なれど感度のいいリカちゃんに効果的な技を使いながらのSEXが好感。

最後のパートはレンタル版にはない、どちらかと言えば積極的なリカちゃんの絡みが収録されてます。最初のうちは挑発するかのような仕草をしてますが、その笑顔が痴女って感じには見えないので、ただ可愛いだけなんだな(^^ゞ
パッケージには「責めのSEX」とは書かれてるけど、いつの間にか攻守交代してるような....(^_-)-☆

すでに浅尾リカ作品は6本目になるようだが、この「セル初超デジモ」は中だるみもあまり感じられず、安心して買っても損のない1本になりそうだ。まだまだハードに責めればリカちゃんはいろんな面を見せてくれそうだが、たぶんメーカーの乱発出し渋りなどが予想されるので、類似品がどうしても多くなりそうだが、その中でも今回の作品はその真ん中に位置される基本形、「スタンダード浅尾リカ」となりそうだ。


とにかく今回は浅尾リカの笑顔が印象的な作品でした。
次回作はコスプレ物らしい。
個人的にはナースのパートが要チェックになってしまった(笑)。


 | HOME |   NEXT>>


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close