無料
エロ
動画
様々なジャンルのアイドルを探索!世界の楽しいニュースに喜怒哀楽。理想のアイドルを求めて・・・
  • 2009/08
  • 2009-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2009/10
酒井法子、保釈され謝罪会見。
2009年09月17日(木) 23:42
 覚せい剤取締法違反(所持・使用)で起訴された女優の酒井法子(本名・高相=たかそう=法子)被告(38)は17日午後、8月8日の逮捕から40日ぶりに、拘置先の警視庁東京湾岸署から保釈され、東京都千代田区の会議場で記者会見に臨んだ。酒井被告は「このたびは一社会人として人として、決して手を出してはいけない薬物というものに、自分の弱さゆえ負け、多くのみなさまにご迷惑をかけました。この罪のつぐないをどうのようにしてつぐなっていくか、罪を悔い改め、一生の約束として心に誓います」と謝罪した。
 酒井被告は、保釈直後のパンツスーツから、紺のジャケットとワンピースに着替え、元所属事務所サンミュージックの相澤正久副社長や弁護士らが同席した。
「いままで応援してくださった。日本や海外のファンのみなさま。本当に本当に申し訳ございませんでした」と涙ながらに頭を下げた。弁護士からは、質疑応答をしないこと、この後病院に入院することなどが説明され、報道の自粛を呼びかけた。酒井被告は報道陣からの呼びかけに答えることなく、会場を後にした。


酒井法子 「このたびは一社会人として人として、決して手を出してはいけない薬物というものに自分の弱さゆえに負け、そして、今このように世間の皆様を騒がし、多くの皆様にご迷惑をかけました。これまでに私を支え、応援してくださった皆様にはどれほどの残念さと私の無責任な行動に幻滅なさったことかと。このことには本当にはかりしれない決して許されることではありません。
 この罪のつぐないを今後どのようにしてつぐなっていくか。まずは自分の罪を悔い改め、二度とこのような事件に手を染めることのない、そういった誓いを一生の約束として固く心に誓います。私が犯しましたこのたびのできごとは私を知る皆様の信頼をすぐに回復することは、できるものでないことはよくわかっております。ですが日々感じております後悔の念、取り返しのつかないことをしてしまった自分の弱さを戒め、反省をし、もう一度生まれ変わった気持ちで心を入れ替え、日々努力していきたく思っております。
 そしてこのような日々に支えてくださった方々の温かいお気持ちに深く深く感謝しております。決して二度とこのようなことで、皆様の信頼を裏切ることはありません。この気持ちを決して忘れることなく、皆さまのお気持ちに恩返しをしていきたいと思います。至らぬ点は厳しく指摘していただき、私自身素直に拝聴して、新しい一歩を踏み出していきます。今まで応援してくださった日本や海外のファンの皆様、お世話になった会社の皆様、そして今まで支えてくださったスタッフの皆様、このたびは本当に本当に申し訳ありませんでした。」


不謹慎だと言われようが、今日の保釈後会見での酒井法子は

好きだった頃の姿で出てきてくれた。

やつれた感も見せず、タトゥーも隠して

謝罪会見っていうか、立直りますという宣言発表という印象。


今日の会見はあくまで「タレント・酒井法子だけ」のカタチだけの謝罪会見でした。

まあ、まだ結審もしてないし

質疑も無いから、こんなモンだろうなという感じ。


旦那の情けない大根役者ぶりよりは、しっかりと演じきったところはさすがという事か。



覚醒剤の事件を起こした者は

泣いて後悔しても半数以上が必ず再犯するというデータもあるそうだ。

薬漬けSEXまで噂されたのりピーがホントに再起できるのかどうか。
名器・横山翔子 ロリスタイルで可愛いッ。
2009年09月14日(月) 01:15

『ロリコレ 5 陵辱 少女体験記』 横山翔子
スタジオ: Pink Puncher
収録時間: 90分
発売日: 2009.8.5.
健気な美少女を徹底陵辱!その目も疑うような過激なセックス体験を赤裸々に綴ったロリータコレクションこと、「ロリコレ」のVol.5が登場です!
主演女優はバレエ歴17年、ジャズダンス歴9年という筋金入りの本格美人ダンサー、横山翔子。かつて、女とは思えないほどのしなやかで華麗な筋肉美女として脚光を浴びたあの筋肉バレリーナが、すっかり丸みを帯びた女性らしい体になって帰ってきた!しかし、カラダのやわらかさなどは今も健在。さらに、彼女!カラダの筋肉は衰えても、アソコを閉める筋肉は少しも衰えていなかった!まさに名器と呼ぶにふさわしい元バレリーナのアソコに生挿入!!180度開いた極上オマンコに中出し!


先月末あたりから、当ブログに「横山翔子」の検索ワードでやって来られた方が急増。
なぜ翔子ちゃんをチェックしたくなった人が多くなったのか・・・??(-。ー;)?

フィギュアスケート選手だ、空手だと、アスリート物AVも面白かったが
やっぱり
FAプロなどで見せてくれたロリキャラでのAVが可愛いく魅力がある。

まずは翔子の鍛えられたか、天性のものか、名器と言われる感度のいいマンコを指で、バイブで愛撫し、オナニーを強要する。

中から粘度の高そうな汁が溢れてますね。

1回目の絡みは
バックから翔子を開いて見ると、パックリと息づくように口を開けて待ちわびてるようだ。

イマラチオ気味に
フェラは、ロリキャラ物の定番プレイ。喉の奥まで突き入れられて、咽てヨダレを垂らす表情が萌え(^^ゞ

柔軟な翔子を自由に体位を変えて突きまくり、白濁汁にまみれたチンポが出入りするのが卑猥だ。

大きく開脚させて中出しフィニッシュ。
淫らなマンコもいいが、何度となく絶頂にヒクヒクと痙攣し、マンコの中も呼吸をするかのような動きが名器を思わせて、見てるこちらもハメたくなってたまらない。


次のコーナーでは可愛い翔子を手荒く責めて、痙攣のたうつ姿を見たいという主旨。
最近は数多くの電マが身体中を這いずり回るプレイが定番化してるが、コレはブームが落ち着くと間抜けなシーンになっちゃう可能性大ですなぁ(*≧▽≦*)
しかし、感度が上がって、盛り上がってからは効果的だけど、いきなり押し当ててもどーなんだろうと、いつも思っちゃいますが、翔子には有無をも言わせずイマラチオから3Pへ。
翔子ならではの体位のバラエティー。
立ち開脚で悲壮感を出せるのは翔子が一番かな(^^ゞ
180度開脚で深々とピストン。
感じまくる翔子にしっかり中出し。
パクパクと口を開いては精子を吐き出すマンコ。

もちろん連続中出し。
声を上げ、エビ反り、イキまくる翔子の脚を閉じて高速ピストンで刷り込み発射。

ドラマも無く、ただやりまくるだけの作品でしたが、横山翔子をじっくり堪能できる作品ではありました。

今までのアスリート筋肉美ファックとの違いを出すというか、ロリキャラでのファックに見せるためか、全裸での絡みはありませんでしたね。

横山翔子目当てで来たあなた。

彼女の魅力を一言よろしく\(^o^)/
期待の新人・New Comer 叶桃花!!
2009年09月03日(木) 02:57
『New Comer 叶桃花』
メーカー: マックス・エー(MAX-A)
リリース:2009-08-14
収録時間:120分
監督:トシオウ
主演:叶桃花(かのう・ももか)

100センチGカップのグラマラス新人‘叶桃花’デビュー!!明るくってHが大好きな彼女。初AVから激しいSEXを欲しがる桃花チャンをガンガン責め、オイルまみれのオッパイでパイズリ!ぷりんぷりんのお尻で男の手足を素股!手マンで潮も吹いちゃう♪バイブ初体験に自ら恥ずかしいポーズでオネダリ。ぶるんぶるん揺れる形の良いGパイも初撮りのアソコもじっくり収録!


AVデビューすべく、グラビアや写真集で実績作りしてた叶桃花が、グラビア・ブレイクを待たずにリリース!


パケは黒髪ショートだが、本編は全編通して茶髪だ。

最近になって黒に戻したのかな?
だから、パケのイメージが気に入った方はガッカリされるかもしれないが、デビューを明るく飾った茶髪も悪くない。声のトーンは低いが「ンフフフッ」と笑う桃花はなんか可愛い。

叶 桃花
1989年3月26日東京出身
血液型O
T166.B100-W62-H89
趣味はボディボード、クッキー作り

まずは定番のインタビューだが、途中でインタビューをさえぎり「監督ぅ。なんかもうちょっとしたい感じです」と訴えるほど、H好きオーラが全身から明るく放たれてるような娘だ。基本M子ちゃんで9:1のドMだそうです。

オナニーは好きで「週に2、3回くらいかなぁ。今回の撮影もまずオナニーシーンの撮影からでした。」と雑誌等のインタビューでも答えてる。
「シャワーでオナニーが多い。汚れなくていいし」
AV初絡みはスタンダード
長身スレンダーなのに巨乳と素晴らしい身体を緊張させて始まります。

「強引なくらいの人が好き」ということなので、美巨乳を鷲掴みに愛撫してハメまくります。
フェラして「固くなったね。してッ」と股を開くのも可愛い仕草だ。

感じるポイントも「オッパイ」だそうだ。
騎乗術はまだまだビギナーだが、揺れるオッパイの迫力で気にならない。
最後はバックから突きまくってお尻にフィニッシュ。
「キモチ良かった」というのは、AV初体験の女優さんの初絡み後のセリフとしてはありがちなモノだったが、ベッドから飛び起きて、男優さんに「ありがとうございましたぁ。すいませんでしたぁ」と立てってお礼を言う娘は初めてだ(^^ゞ

「すごいですねえ。
汗かいちゃいましたぁ」と。
監督の「合格です」の言葉に「ホントですかぁ。普段のエッチしちゃいましたぁ。こんなに汗かいたのは初めてです。チョー緊張しちゃいました。ンフフ」とテレる表情も初々しくていいね。


2回戦目は
ナイスボディにオイルを塗って、指マン潮吹きからイマラチオ気味フェラ。そして柔らかいお尻をハードに愛撫してのファックだ。
「もっと強く掴んで」のリクエストにじっくりと肛門を見ながら揉みまくると、「いやぁ、見ないで恥ずかしい」と可愛い受け答え(笑)。
体位ごとに嬉しそうな表情を見せるのも可愛いッスね。
ガッチリと抱きかかえてのピストン。
正常位に戻って胸出しフィニッシュ。
台本にはねっとりSEXって書かれてるけど、ずいぶんガッツリSEXみたいだったけど、と監督に言われ「だって大島先輩がすごいんですもの」。そうさせたのは誰だよ?「桃花・・・ンフフフ」。
「次もがんばります!」



バイブを使ったことは無いそうなので、気に入ったのを選んで初体験。
「監督。どうやって使うんですか?」
またまた、わかってる歳でしょ。
「ンフフフ。クリトリスに当たってます」
今流行りのマッサージ器も使ってみようか。
「監督。なんか料理を作ってるような手さばきですね、ンフフフ」
桃花の明るすぎる会話が面白すぎるわ(^^ゞ

最後の絡みは田渕氏と。
ここまで2戦ともキモチは良かったが、イマイチ突き抜けたモノが無いということで、最後はよりハードにしてみよう。

しかし、指マン潮吹きはあまり経験もなく、失禁してるような感覚が猛烈に恥ずかしいらしく、すぐに脚を閉じてしまう桃花。エッチな女の子でありながら、まだまだここらヘンが開発の余地があって楽しい。

かるくイマラチオをしてみると「オエってなっちゃいます」と(^^ゞ
パイズリでシゴかせて
正常位、サイド、バックと高速ピストン。
胸出しフィニッシュの後、本作のまとめのコメントだったが、ボーとしてて「キモチ良かったです」としか言えず、次回「もっともっとエッチな女優になります」と宣言して終了。

デビュー作なのであらゆる方向性を期待させるだけで終ってるが、この明るい雰囲気は麻美ゆまにも通じるものがあるので楽しみだ。

マックス・エーは上手に開発してやって欲しいね。

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close