無料
エロ
動画
様々なジャンルのアイドルを探索!世界の楽しいニュースに喜怒哀楽。理想のアイドルを求めて・・・
ライザ・デル・シエラ(Liza Del Sierra)
2009年10月31日(土) 23:45
またまた海外AV女優を見たくなるローテーションの日々(^^ゞ

今回チェックしたのはフランスのAV女優。
ライザ\(^o^)/

ライザ・デル・シエラ Liza Del Sierra
生年月日:1985年8月30日
出身:フランス・ボルドー生まれ
サイズ:T156.B89-W60-H92cm
瞳:ブルー
髪:ブラウン
胸:ナチュラル(本人は90cm以上が希望で近く豊胸したいらしい)
デビュー:2005年。2007年にヨーロッパAV新人賞、ゴールド女優賞獲得。


最初はなにげにルックスだけで見たライザでしたが
そのプレイはなかなかのガチンコ女優さんでした。

っていうかユーロ系の女優さんはこれくらいは普通なんですよね。
一見ダイナミックなボディのようですが、海外女優にしては小柄です。

3Pになると挟まれて大変ですが

凌辱感がアップします(^^ゞ


ぜひライザの
新作をチェックしてみたくなってます♪(* ̄ー ̄)v
「コマネチ」はセクハラの代名詞になりつつある?
2009年10月31日(土) 22:05
 石川県金沢市の人材派遣会社で昨年2月、営業部長の男性が当時部下だった20代の女性に対し、職場内でビートたけしのギャグ「コマネチ」のポーズを強要。さらに、事実無根の性的なうわさを流布したセクハラ行為で、金沢地裁に提訴されていたことが分かった。女性はすでに退職しており、精神的苦痛の慰謝料として同社に約360万円を請求。会社側は請求棄却を求め、争う姿勢を示している。


 訴状などによると、女性は昨年2月、勤務先の人材派遣会社の営業部長から「恥やプライドを捨て職務にあたるために机に上がれ」と命令され、男性社員3人とともに30回以上の「コマネチ」ポーズと大声の発声を強要された。

 さらに、スカート姿にもかかわらず脚を広げた格好で机上に立たされ、男性社員の前で10回にわたり、大きな声で「コマネチ!」と絶叫させられた、としている。

「コマネチ」は、1976年のモントリオール五輪や、
80年のモスクワ五輪で活躍したルーマニアの女子体操選手、ナディア・コマネチさんのレオタード姿をちゃかしたビートたけしのギャグ。“がに股”スタイルで、レオタードの食い込みを強調するように股間に両手をあて、両ひじを広げながらのけぞるように「コマネチ!」と叫ぶもので、このギャグは80年代前半に大流行した。

 原告によれば、この営業部長は昨年4月以降も、女性に対して性行為を求める卑猥な言葉をかけたうえ、事実無根の男性関係のうわさを社内で広めた。そのため女性は今年3月、退社せざるを得なくなったという。

 夕刊フジの取材に対し、人材派遣会社の担当者は「(女性の訴えは)まったくの事実無根。退職理由も自己都合であり、なぜこのような訴訟を起こしたのか理解に苦しむ。営業部長は、まだ会社に在籍しており、全力で潔白を証明していく」と話している。

 なお、本家「コマネチ」のビートたけしは、
ナディア・コマネチさんに配慮し、このギャグを事実上封印。近年は酷似した動きとポーズで「前方後円墳!(ぜんぽうこうえんふん)」と発声するギャグを披露している。


くだらねーニュースです(^^ゞ

いまだにこうした事で精神鍛錬かのように行う会社はあるんですよね。

訴えないだけで┐(-。ー;)┌

実際は「コマネチ・ポーズ」以外の事が問題のような気がします。


それにしても

ビートたけしのこのギャグも寿命の長いギャグですね〜。

たいがいの一発ギャグがその年の流行語となって、死語となり懐かしいネタとなり

時間の中に消えていくのに、ある意味すごいです。

ま、ビートたけしが第一線で活躍してるからでしょうけれど。


以前、何かの懐かしのスポーツ選手を訪ねる番組で、ナディア・コマネチに取材して、日本でのコマネチ・ギャグの事は知らされているようだけど、当然くだらないジョークの一つとして本人には処理されてたね。

バルタン星人の名前の由来が、フランス歌手シルヴィー・ヴァルタンから採ったという特撮裏話が一人歩きして、彼女が来日した際にバルタン星人の人形を持ち出した報道陣に憤慨したって事もありました。ま、後年には子供の人気怪獣ってことに理解を示したそうですが、いずれも頭の悪いスタッフの不手際です。


コマネチに話を戻せば、彼女も白い妖精と呼ばれた頃に、悪魔ニコラエ・チャウセスクにセクハラどころじゃない奴隷にされてた過去もある。ナディア・コマネチにしてみたら、自分の名前をくだらないところで使うなと言いたいでしょうなあ。
これは最近のコマネチさん。
■ナディア・エレーナ・コマネチ
生年月日:1961年11月12日
出身:ルーマニア・ゲオルゲ・ゲオルギュ=デジ市
1976年に行われたモントリオールオリンピック14歳で初出場。3個の金メダルを獲得した。またこの大会で体操競技選手としてオリンピックの舞台で初めて10点満点を獲得した。1980年のモスクワオリンピックでも2個の金メダルを獲得した。
現在のルールでは16歳以上でないと競技参加が認められてないため、この最年少記録はやぶられる事は無い。


子供の頃に見たコマネチの技は衝撃的でしたねー。

体操競技の内容がガラリと音をたてて変わる瞬間でした。

10.00という満点演技を史上初めて出したコマネチもすごいが、それまでの1972年ミュンヘン五輪から、1973年世界選手権、1974年世界選手権、1975年世界選手権まですべて個人総合金メダリストだったリュドミラ・ツリシチェワが、女王の座から落ちることになったのも衝撃的な大会でした。

あーいかんいかん。
体操の話はまた別の機会に(^^ゞ
懐かしアイドル写真館26 「平 沙織」
2009年10月29日(木) 10:10
今回の写真館は「平沙織」です。

ヌードデビューした時はワイドショーにも取り上げられたけど

なかなかブレイクとはいかなかったなぁ。

私はツンと上向いたカタチのいいオッパイが好きでした。

と、同時に凌辱が似合いそうな表情が好きでした。
平沙織(たいら さおり)
生年月日:1969年5月22日
サイズ:T166cm  B86-W58-H86cm
所属事務所:ブレス
出身:愛知県
最終学歴:神奈川県立藤沢西高等学校卒業→桐朋学園大学芸術学部出身
コンテスト:1990「F1グリッドギャル」|1991「ミスF1・PIAAガール」
デビュー:1994年ヌードデビューした際にバストに1億円の保険をかけて話題になった。




グラビアヌードやちょこちょことテレビドラマにも出演したが
映像的に一番の代表作はこのビデオ作品。

『団鬼六 肉体の賭け』ピンクパイナップル
製作:1995年
時間:74分
出演:平沙織 / 杉田恵美 / 岸加奈子 / 萩原賢三 / 大村波彦 / 深見亮介 / 団鬼六 / 立川談志

■老舗料亭「松風」の女将・絹代の悩みは、商品相場に狂う夫と男遊びに耽る妹の存在だった。夫の精二は二億五千万の借金を作って家を出た。「松風」の権利書を担保にして…。悪徳金融業者の川村は絹代の体と引き換えに手形の書き換えに応じるという。川村は自分の愛人である愛子を精二の元へ送り込み、借金地獄に落し入れ、手に入れた権利書をたてに美人妻・絹代のSM調教を企てていたのだ。淫悪な川村の申し出に悩む絹代。一方、川村は絹代の美貌の妹・京子にも毒牙を伸ばしていた…。

製作総指揮・原作・脚本:団 鬼六
ビジュアル・プロデューサー:清水清太郎
プロデューサー:尋瀬 憂/佐谷秀美
監督:上野俊哉
撮影:伊藤嘉宏
製作:ピンクパイナップル


これはAVではなく、90年代に甦ったロマンポルノでした。

類似作品は多々あれど、これが一番美しいかな♪(* ̄ー ̄)v



どうやら、もう引退して6、7年くらい経つんでしょうか。

すっかり見なくなっちゃった。

最後の作品は、あの東城えみと共演してるから

そんなに昔のような気もしない(T_T)
懐かしアイドル写真館25 「杉田かおる」
2009年10月28日(水) 00:53
なんのかんの言っても、やっぱり役者としては超一流。

初めて見たチー坊は神がかりの可愛さだった。

ドラマや映画はもちろん
バラエティー番組での彼女にも魅力を感じる私は変態か?
杉田 かおる (すぎた・かおる)
本名:橋本 薫(はしもと かおる)
生年月日:1964年11月27日(現44歳)
出生地:東京都新宿区
血液型:B型
職業:俳優、歌手(テレビドラマ、映画)
サイズ:T157cm。B88-W65-H89.2cm('09.3.16.) 左利き。
最終学歴:明星学園高等学校中退→日本放送協会学園高等学校(NHK学園高等学校)卒業。
略歴:7歳の時に日本テレビドラマ『パパと呼ばないで』に出演し、天才子役の名をほしいままにする。当時の月収は約1000万円だったと自称する。しかし収入の大半を母に使われてしまい、杉田自身は苦しい生活をしていたという。やがて仕事が激減し、両親は離婚。
その後、母に嫌気がさした杉田は、新しい芸能事務所を設立するが倒産し、13歳にして借金300万円を背負う。借金を返済するため新しい事務所に入って借金を立て替えてもらい女優業を再開。
1979年から1980年に放送されたTBSのドラマ『3年B組金八先生』で妊娠する中学生を演じて再び話題を集めた。
1975年にはウルトラマンレオに出演。
1980年、日本テレビドラマ『池中玄太80キロ』などに出演し、その挿入歌として歌った「鳥の詩(とりのうた)」をリリースしてヒットするなど人気を集めたが、月給13万円のままで不満を持っていた杉田は事務所を出奔。しかし、事務所に買ってもらったマンションのローン約2000万円を背負うことになってしまった。
新たに借金を背負った杉田は再び独立。写真集のグラビアモデルを皮切りにドラマ・映画出演でギャラをアップさせることに成功。更に残ったマンションを売却したお金で不動産の転売を続けたことで利け、借金を返済した。

1982年には映画「青春の門 自立編」でヌードを披露。
26歳の時、父親の連帯保証人で再び借金1億円を背負う。大半の財産を失い、残った全財産は小銭入れの中の800円だけだったという。当時は仕事も激減してどん底に。

1995年、それまで入信していた創価学会を脱会。日蓮正宗の信徒となる。

1998年、篠山紀信撮影による初のヘアヌード写真集「女優ごっこ」を出版した。17歳時に撮影したヌード写真と、34歳を迎えるに当たって撮り下ろしたヘアヌード写真で話題を呼んだが、武田鉄矢に酷評される。
2000年頃からそれまで殆ど出なかったバラエティ番組に進出。毒舌キャラが人気となりお笑いタレントとしてブレイク。「無頼派タレント」の異名を取るようになり、出演番組も激増する。

2004年7月14日にかつてヒットした「鳥の詩」をポニーキャニオンから再リリース。
オリコンチャート(週間)では初登場40位だった。ジャケットは、杉田のマネージャーを務める実妹によるデザイン。この時の印税は、現時点で7300円だった事をダウンタウンDXにて告白。

2004年8月21日 - 8月22日に放送の日本テレビ「24時間テレビ」で24時間チャリティーマラソンに挑戦。女性としては2001年の研ナオコ、2002年の西村知美、2003年の山田花子に次いで4人目だった。番組開始が15分遅れたため、20時5分のスタートとなったが、見事100kmを完走した。記録は25時間15分。

2005年1月11日に、日産コンツェルン創始者・鮎川義介の孫である鮎川純太(株式会社テクノベンチャー会長兼社長)と結婚し、1月13日にマスコミ各社にFAXで発表した。これをワイドショーは「セレブ婚」と騒ぎ立てたが、結婚生活は順調とはいかず、同年6月30日に夫が離婚を決意したと報じられた。杉田は「離婚は誤報」と生放送で語ったが、2005年7月25日に関西のローカル番組で、芸能ジャーナリストの井上公造が鮎川が家庭裁判所に離婚調停を申し立てたことを暴露する。結局、結婚から7ヵ月後の2005年8月11日に離婚。

なお、杉田との離婚騒動の際に、杉田が関西テレビの「たかじん胸いっぱい」に出演して鮎川との結婚生活等を赤裸々に語ったことに関し、鮎川が「バラエティー番組における元妻の発言等によって、名誉・プライバシー権の侵害を受けた」として放送倫理・番組向上機構の人権委員会に訂正放送や謝罪などの人権救済の措置を申し立てた。委員会は検討の結果、杉田の発言が人権侵害に該当すると認定し、編集によるカットを怠った関西テレビに名誉・プライバシー侵害の責任があるとした。これにより関西テレビは、人権委員会の処分では最も重い「勧告」の処分を受けることとなった。これにより、みのもんたは杉田と、やしきたかじんの番組を批判した。

杉田かおる自身の借金については、テレビ朝日系バラエティ番組『愛のエプロン』内で完済したと語っていた。
杉田かおると母との関係は現在修復し、バラエティ番組で共演したり、一緒に酒を飲みに行く仲になっている。だが、杉田自身酒癖が悪くて、飲み屋で母が酔って若い男をナンパして困ると語っていた(本名の橋本姓は母親の姓である。)。

2006年11月23日にザ・ワイド生放送中の日本テレビのスタジオに乱入。司会の草野仁を殴ろうとしたがマッチョな体型を見たためやる気をなくし結果未遂に終わっている。
お酒を愛してやまないが、その代わり健康的な食生活を家族ともども心がけている。

■愛のエプロン
常連出演者で57回で番組史上最多出場になるのだが料理はほぼ失敗している。
お米を炊くこともまともにできず、ご飯を炊けばかならずベチャベチャになる。
2007年のお正月スペシャルでは、うなぎを動かなくなるまで足で踏みつけたことがあるヾ(〃^∇^)ノ。
2007年5月2日の放送ではたこの唐揚げとたこ飯を作ったのだが奇跡が起こり、あの神田川俊郎先生も「見直した!!」と言われるほどの美味しい料理を作り、95点を叩き出しこの日の大会のトップ賞に輝いた。杉田が奇跡で美味しい料理を作ったのは1年前に作った鶏の釜飯以来。

■ロンドンハーツ
2007年4月24日放送の「格付けしあう女たち」で、「付き合っても結婚の対象にならない女」で見事1位をとったときの一般男性のアンケートに「彼女は魔王だ」というコメントが紹介されて以来、同コーナーでは「魔王」で通っている。
 格付けでのイメージは相当悪く、ワースト1が10回、Wパンチが3回と、格付け出場者の中ではワースト1もWパンチも最も多い。また、格付け初のテーマ「実は脱いだらスゴそうな女」では格付け初のワースト1をとり、「同じ下着を3日着けてても平気そうな女」は、格付け初のWパンチを獲得した。さらに、ベスト1位も格付け出演歴が4年間なのに、「社長100人に聞いた すぐ愛人になりそうな女」の1回だけ。



今日、取り上げたのはたぶん、スカパーで「パパと呼ばないで」を見たからだろう。

熟女人気があるうちに、ドロドロの恋愛物でもやってくれないかな。

あの81年の天才少女女優と騒がれた頃、薬師丸ひろ子、荻野目慶子と3人が雑誌で取り上げられたけど、やっぱり3人ともいい女優さんに成長してる。ひろ子はいいお母さん役が定着してきたけど、慶子とかおるは別な意味で若いよね。チャンスがあれば男を狙ってる感があるモン(^^ゞ

そういえば、ひろ子だけがヌードを披露してないな〜。
懐かしアイドル写真館・24 『森田日記』
2009年10月27日(火) 09:10
去年の12月に及川奈央を「懐かしアイドル写真館」に飾って以来のこのコーナー。

さらに懐かしいアイドル「森田日記」をご紹介します。

長身のボーイッシュな魅力でとにかくカッコ良かった記憶が残ってます。

★森田日記(もりた・にっき)


本名:森 春美
生年月日:1958.3.31.
出身:千葉県
サイズ:T172cm B85-W63-H94cm
デビュー:1974年TBSドラマ「事件狩り」でデビュー。
     前年に「燃える思い」で歌手デビューも。
     フランス人の祖父を持つ。
     1988年芸能活動休止。
     2002年7月より歌手活動再開。



■2006年当時の行方

 森田さんに会ったのは、JR新宿駅近くの喫茶店。手足がスラリと長く、“かっこいい”という形容詞がピッタリだが、失礼ながら意外と雰囲気は女性らしい。
「昔、私をスカウトしたマネジャーが、“ボーイッシュな雰囲気で売り出そう!”って決めたんですよ。ファンレターは女のコからが多いし、男の人と間違えられて、女性用トイレに入ろうとして“違いますよ”って遮られたり……。抵抗? いえ、楽しんでましたよ、フフフ」
 森田さん、まずはこう言った。
「『日記』って名前は、男の子っぽいニックネームを付けようという話になり、“ニッキー”というのが挙がって、そこから。当時は“日記をつけるのが趣味だから”なんて、インタビューで答えたりしてました」

 この個性的な名前をしばらく聞かなかったと思えば、20年前、自営業の8歳上の男性と結婚し、芸能界を引退していたんだそうだ。
「すぐに娘が2人生まれ、10年間はまったく遊ばず、主婦をしてました。私って案外古風で、家庭を持ったら家にいたい、と思っていて、子育ても楽しかったんですよ。子供はもう大学1年と高校2年。毎朝5時半に起きて主人と娘を送り出すのがちょっとシンドイくらいかな。それで10時ぐらいからは自分の時間で、歌のレッスンやジャズダンスに行ったり。実は3年前からシャンソンを歌い始めたんです。だんだん歌う機会が増え、お仕事らしくなってきたところです」
 月1回、赤坂見附のシャンソニエ「なかがわ」と、森田さんが住む千葉市内の「ミュージックカフェ92」で定例ライブを行うほか、週1回はどこかしらで歌っているとか。8月6日には同じ千葉市内の京成ホテルで歌う。
 それにしても、なぜシャンソンを?
「祖父がフランス人のクオーターでしょ。フランス語を話していたときの父の雰囲気と、フランス語のシャンソンの歌がダブって聞こえたのがきっかけで、シャンソンの魅力にはまったんです」
 さて、森田さんは17歳のときスカウトされ、「燃える思い」でデビュー。「プレイガールQ」(テレビ東京)、「お笑いマンガ道場」(日本テレビ)、「独占!女の60分」(テレビ朝日)などに出演し、ボーイッシュな魅力で人気者になった。
「当時は月30万円の月給制。10代、20代の女のコには十分の額。仕事が終わると六本木で朝まで飲んで、ボトル1本は空けてました、フフフ」
ゲンダイ記事より





色んな番組にゲスト出演は多かったけど

コレだ!っていう代表作にはめぐり会えなかった記憶があります。

テレビで見なくなって来たら、昔の定番コースで日活ロマンポルノにも出演しました。


今に思えば、もったいなかったなあ。

もっといい役があったんじゃないかと想像しましたが、案外ボーイッシュと見られながら

本人は女性っぽかったんじゃないかと思ってます。
小学五年生」「六年生」休刊へ
2009年10月26日(月) 14:24
「小学五年生」「六年生」休刊へ

 小学館(東京都千代田区)は26日、学習雑誌『小学五年生』『小学六年生』を平成21年度いっぱいで休刊すると発表した。両誌は大正11年に創刊。最大発行部数は、五年生は63万5千部、六年生は46万部をともに昭和48年4月号で記録したが、最近は高学年児童の関心の多様化などから需要が減少し、部数は5万部から6万部で推移していた。


 五年生は来年2月3日発行の3月号、六年生は今年12月28日発行の2・3月合併号が最終号となる。

 小学館広報室は「近年の社会状況や学習環境の変化はたいへん大きく急激であり、子供たちの趣味や嗜好の多様化が進み、情報も細分化されている。(2誌が)大きな時代の変化と読者のニーズに必ずしも合致しなくなった」とコメントした。

 休刊の2誌に代わり、22年春に学習マンガ誌『GAKUMANPLUS(仮題)』を創刊予定という。

 「小学一年生」から「四年生」は来年度以降も発行を続ける。


時代を感じますねえ。

およそ今の子供は読まないだろうとは思ってましたが、無くなるのも淋しいモンですね。

私の頃は、特撮番組の情報やアイドルの事は、「小学○年生」「科学」「学習」「中○時代」「中○コース」で勉強といっしょに記録されてましたねー(^^ゞ

妹弟がいましたのでずいぶんと年代幅広く読めたのもラッキーでしたね。

バッジの全員プレゼントや、ソノシート、付録で組み立てる紙のキャラクター模型も楽しかった。

こんな学習雑誌をクラスの八割方が読んでいた、いい時代でした。

そんな子供時代をおくれて私らは幸せでしたね〜♪(* ̄ー ̄)v
第70回菊花賞GI予想。
2009年10月24日(土) 23:08
 菊花賞(25日、京都、GI、芝3000メートル)の前日最終オッズが24日、JRAから発表され、日本ダービー2着のリーチザクラウン(牡3歳、栗東・橋口弘次郎厩舎)が単勝3・9倍の1番人気に支持された。
 2番人気はトライアルの神戸新聞杯を差し切った(牡3歳、栗東・西園正都厩舎)で5・1倍、3番人気は皐月賞馬アンライバルドで(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が5・7倍となっている。
 馬連はリーチザクラウン−イコピコの9−14が9・1倍の1番人気で、アンライバルド−リーチザクラウンの5−9が10・1倍、リーチザクラウン−ナカヤマフェスタの9−16が15・3倍で続いている。3連単は、9−14−5が60・1倍で1番人気となっている。


◎イコピコ・・・・・・・レコード勝ちする上がり馬。
○ナカヤマフェスタ・・・2着固定で狙いたい。
▲リーチザクラウン・・・とにかく折り合いが全て。
△アンライバルド・・・・皐月賞の時の雰囲気が甦るなら。
△セイウンワンダー・・・2歳王者が体調を戻しつつある。
△フォゲッタブル・・・・エアグルーヴの仔
×ポルカマズルカ・・・・牝馬の挑戦だが長距離での戦績はメンバー1。そして横典だ。

昔からの競馬格言に「皐月賞は早い馬、ダービーは運のいい馬、菊花賞は一番強い馬が勝つ」と言われている。やはり長距離レースなので騎手との折り合いがとれる馬であること、タフな能力があること、そして近年のスピード化に対応できること、これらをクリアーできるなら、それはやはり強い馬だろう。

上がり馬が勝つことも多いが、ここを勝って後にGIをさらに勝つ馬こそ本物。

今後のレースも強いシーンを見せそうな馬を選ぶのもコツかな(^_-)-☆

今回も3連複で勝負\(^o^)/
永遠のロリ・ベテラン女優★金沢文子
2009年10月24日(土) 21:33

金沢 文子(かなざわ・ぶんこ)
■プロフィール
愛称: かなぶん
生年月日:1974年4月4日
現年齢:30歳
出身地:岩手県
公称サイズ(2005年時):T156cm /B83-W57-H85cm
ブラのサイズ:C
所属事務所:イオンプロモーション
デビュー:1996年にグラビアデビュー。モデル事務所の知人からモデルの代理を依頼され、カメラ関係の雑誌に無名モデルとして写真が掲載されたことが業界入りのきっかけだったという。芸名は当時神奈川県在住だったことから、横浜市の金沢文庫駅になぞらえて、事務所側が考案したもの。

1997年初頭、英知出版からファースト写真集が発売。同年8月、『18才〜Sweet Eighteen』でAVデビュー、同時期に発売されたセカンド写真集では制服ヌードを披露。デビュー時から所属したAVメーカーの宇宙企画では14作の単独作品に出演しているが、これは単一女優としての同社における最多出演記録である。
出演作は長く擬似本番路線だったが、2000年8月にはソフト・オン・デマンドよりインディーズデビューし、一部のNG項目を解禁。2001年には川崎ロック座をはじめとするストリップに活動の中心を移し、AVは半引退状態になったが、2003年4月には以前にも出演したことのあるMOODYZで再デビュー、本番路線に踏み込み、ぶっかけや精飲といったハードなプレイもこなした。

2005年1月にMOODYZよりリリースされた『金沢文子、犯される。』を最後にしばらくAVへの出演は停まっていた。ストリップはその後も各地の劇場に出演していたが、同年12月に公式HPで長期休業を宣言した。

2007年12月に『ハイパーデジタルモザイクVol.072』(MOODYZ)でAV女優としての活動を再開。
海外向け作品にも出演。


アレッと気がつけば、キャリアも12年目になる超ベテラン女優さんだ。

もう熟女系の作品にも出演するようになってはいるが
いつもルーキーのような感じもある稀な女優さんだと思う。

別に永遠のロリキャラを演じてるワケでも無いが
ヤラレてもブッカケられてもあまりイメージを損なわない彼女は貴重な存在。

前に見た時は「初ブッカケ」の頃だったか、もう5年も前の事。
やっと本番解禁になった頃。
昨年のAVGPに乱丸レーベルで出演するなど、キャリア12年目を過ぎてもがんばってるなぁと思ったら、今年は春から後のリリースは全て総集編ばかりになってきた。

さすがに小休止かな?
今回チェックしたのは、海外向け作品の中から全身タイツのかなぶんがハメられるシーン。
可愛い顔立ちとはウラハラに、キャリア通りのマンコを披露して、そのギャップがまたそそられる(^^ゞ
あまり身体にボリュームが無いことが幸いしてるのかも。

見た目より低い声もわたし的には好きなポイント。

本番解禁してからは反応も自然になってステキ。
1997年AVデビュー組と言えば、有名どころでは三咲まお、若菜瀬奈、長瀬麻衣子、涼木もも香、井上詩織、改名再デビューのつかもと友希らがいる。最初は「かなざわ・あやこ」だと思ってたが、すぐに愛称に気がついて、危うくレンタル店で恥をかくところでした。前述の名前の由来はあるものの、12年も経つと「ぶんこ」というヘンな名前も「かなぶん」としてAV界に自然に溶け込んでますねぇ。
男優さんの技術向上により、感じてない女優さんでも潮吹きアクションをさせるようになりましたが、かなぶんがもう一つ大ブレイクしないのは、汁っけ不足だからじゃないかなとも思う。潮吹きシーンはあっても、かなぶん自身のマンコがあまり潤ってないように見えるんだよね。
あくまで演技って
感じがコアなAVユーザーには隠せない。
でも、こうした無修正なら、その不満を緩和してくれる迫力はあります(*≧▽≦*)
そして
その潤いをカバーするのがフェラチオの役目なんですね。ベロチューもそう。
特に美形女優のフェラ、イマラチオは絶対でモザイクは薄いほどいい。
マンコの本気汁を見れない分、ヨダレや唾液で淫らさをアピールして欲しいもの。

本作での男優さんの突きはなかなか面白くてOKだ。
生姦で
ストロークの長いピストンで見せ場たっぷり。すばやく抜いて、ポッカリと口を開けたマンコを深々と突く。
この連続に
身をよじって、口にコブシを当ててイク姿は永遠のロリキャラの本領発揮のシーンだ。

こんな金沢文子に惑わされて、私の友人なんかもいまだにハマってるんだよね〜。
激ピストンに
よがるカナブンはいい艶技です。絶品です(^^ゞ
しかし、これはAVをフィギュア風に採点すれば、艶技構成点は満点なれど、技術点(痙攣+排泄体液)がちょっと足りないのが残念ヾ(〃^∇^)ノ と、なりそう。

フィニッシュの顔射の受けもバッチリ。最近は中出しが顔射と同じくらいの比率で見られるようになっているので、あえて顔射ならば、その受け方も視聴者の好みが厳しくなっている。
このカナブンくらいが合格点だろう。
先っちょだけだけど、掃除フェラもこなした。
満足そうな笑みを浮かべたラストショット。

そう言えば、カナブンって休養してた頃に出産してるんでしたよね?

結婚はしてるんだっけ?

私はあくまでAV作品内のカナブンしか知らないので、彼女に関してはプライベート情報が少ない。

「おいおい、甘いな、ぷう君。カナブンは・・・」

という熱烈ファンの方がここを覗いた際には、カナブンのお薦めポイント、近況情報ヨロシク(^_-)-☆





最後の一枚は
全盛期の90年代末のどアップで\(^o^)/
オリオン座流星群に何を見る?
2009年10月21日(水) 17:35
昨晩、レンタル店に行く途中

帰り道に見上げる空にものすごく早い流星がいくつか見えた。

オリオン座流星群ってのが見えるピークが近づいていたんですな。

すっかり忘れてたから

普通の流れ星を見た気になってました(^^ゞ
夜空に星が流れるオリオン座流星群が今日ピークを迎える。

 毎年、10月21日に活動のピークを迎え、オリオン座の方向から流れてくるように見えることから「オリオン座流星群」と呼ばれている。

 昭和61(1986)年に地球に大接近したハレー彗星(すいせい)の残した塵(ちり)が地球の大気に突入し発光する現象。

 流れるスピードが速いという特徴があり、近年活発な活動をしていることから、火の玉のようにとても明るい流星(火球)が出現し、雲のような痕(流星痕)を撮影することができた。

 21日のピークの前後数日間が見るチャンスで、今年は月明かりの影響が無く絶好の観測条件となり、東の空からオリオン座が昇ってくる午後10時過ぎから明け方にかけて、1時間に30個程度の流星を見ることができるという。


数年前に「しし座流星群」を見た時は、ホントに火球や流星痕などが現れたので感動したものでした。

さて、今度はどれほどのものになるのやら。







ちなみにレンタル店で借りたのは

     町村小夜子、浜崎りお、葉月奈穂、吉岡奈々子、素人物。

ここんところは、吉岡奈々子さんがちょっと注目です(^_-)-☆
開設1000日突破記念日。
2009年10月20日(火) 23:27
なんと1000日が来ました。

もっと早くに飽きて

見捨てられて、ぶっつぶれてるかと思いきや

当ブログにも興味を示して

訪問してくださるお客様方がこんなにも\(^o^)/

どうもありがとうございますm(__)m



次の節目まで

また飽きずに私の趣味にお付き合いくださいませ(^^ゞ


     




1000日目で、来客数180万(ユニーク81万)人

おつきあいありがとうございました。
女性アスリートはプロフェッショナル。
2009年10月19日(月) 17:36

 【パリ共同】フィギュアスケートの新旧世界女王、浅田真央(19)=中京大=と金妍児(19)=韓国=の今季初対決として注目されたグランプリ(GP)シリーズ第1戦フランス杯は17日、パリで女子フリーを行い、前日のショートプログラム(SP)でトップに立った金妍児が世界歴代最高の合計210・03点をマークし、圧勝した。浅田は173・99点で2位。
 SPで17点以上の大差をつけられ3位と出遅れていた浅田はフリーでもジャンプに精彩を欠き、順位こそ一つ上げたものの金妍児との点差はさらに開いた。来年2月のバンクーバー冬季五輪で金メダルを争うとみられる同い年のライバルは、シーズンの出だしで大きく明暗を分けた。


ここまで点差をつけられると、失敗ジャンプがあるとは言え、もはやライバルというのもおこがましい(T_T)。中野由加里の場合はなかなか伸びシロが無くなって来てるので、自身はミスせずに相手のミス待ちって感じだが、真央ちゃんの場合はズバリ言っちゃうと似合わない事をやってるって感じ。某テレビやスポーツ紙で「選曲が暗い」「真央ちゃんのイメージじゃない演技がダメ」と騒がれてる。あの初登場した頃のポニーテールをかきあげて笑顔を振りまき踊る姿が、やはり一般ファンの真央ちゃんイメージなんだろうな。

これは私の勝手な思い込みだが、可愛い顔立ちしてる娘に限って、内面のキモチは大人びてる場合が多いような気がする。真央ちゃんもひょっとしたら、永遠のロリータ顔はしていても、自身は早く大人に憧れているのかもしれない。だから、フリーでの演技や選曲もコレを受け入れてるんじゃないかな。
前々からフィギュアスケートに使われる曲は、圧倒的にクラシックが多い。コーチが外国人でどうしてもクラシックからの選曲しか思いつかないのかなあ。せっかく日本にも色んな音楽があるんだから、エキジビジョンだけでなく、選曲してもらいたいよね。例えば、真央ちゃんがらき☆すたやプリキュアのBGM、安藤美姫がマクロス系のBGMで滑ったり、村主章枝がベルバラやジブリの曲で演じてもいいと思うんだがなぁ。外国人がアニソンで滑ったりしてるから、もっとインパクトが出てくると思うんだがどうだろう。

【女子ゴルフ・富士通レディース】
最終日(18日、千葉・東急セブンハンドレッドC、6588ヤード=パー72、賞金総額8000万円、優勝1440万円)
 通算9アンダーの207で並んだニッキー・キャンベル(オーストラリア)と宮里藍のプレーオフとなり、4ホール目でキャンベルがバーディーを奪って優勝した。今季ツアー初勝利で通算2勝目。宮里は2週連続優勝を逃した。
 飯島茜、佐伯三貴、馬場ゆかりが1打差の3位。賞金トップの諸見里しのぶは5アンダーで8位、横峯さくらは3オーバーで35位だった。 

今、女子のプロスポーツで一番激しいのはゴルフかもしれない。レベルはともかく、日本女子ゴルフ史上もっとも華やかな時代を迎えているのかもしれないね。一人のヒロインが業界を引っ張ってるんじゃなく、次から次へと新たな顔が出てきてるし、そのルックスが技術も伴ない出してる。

昔は正直言って、技術はあるけどファッションもルックスもダサい娘(いや、女」が多すぎた。今はいい時代だ。私のお気に入りは・・・・(^^ゞ

                           まだ技術が追いついてません。






【ロンドン共同】2012年ロンドン五輪会場となるO2(オーツー)アリーナで17日行われた体操の世界選手権種目別決勝の女子段違い平行棒で、鶴見虹子(17)=朝日生命ク、東京・大智学園高=が14・875点で、日本女子の種目別で1966年の池田敬子以来43年ぶりとなる銀メダルを獲得した。
 鶴見は日本女子で同じく43年ぶりのメダルとなった16日の個人総合の銅に続き、2個目の獲得。今大会の日本選手のメダルは男子個人総合優勝の内村航平(日体大)と合わせ3個目となった。

これはうれしいニュースでした。
体操は昔から大好きで、過去の素晴らしい日本女子選手たちができなかったメダリストにやっと鶴見虹子が輝いた。

でも、森尾麻衣子、望月のり子、菅原リサ、小菅麻里、信田美帆、真田マキ子、佐原礼香らの活躍が、私の中で色褪せる事は絶対にない。

岡崎聡子はその限りでは無い(*^−゚)⌒☆








 新体操の第62回全日本選手権最終日は18日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子個人種目別は個人総合連覇を遂げた日高舞(東女体大)が4種目中3種目で優勝した。日高はロープ、フープ、ボールで24点台を挙げて制したが、リボンは4位に終わり、2年連続の完全制覇は逃した。フープで日高と同点で優勝を分け合った大貫友梨亜(東女体大OG)がリボンも制し、2冠に輝いた。団体種目別は東女体大が2種目とも制した。
新体操もフィギュア同様にレベルも高く、日高舞と大貫友梨亜が魅力ある演技を披露してくれてる。が、他のスポーツが目立ち過ぎて最近は生中継が無いのが残念(T_T)




最後は競馬だが、牝馬三冠最終戦。
 中央競馬の第14回秋華賞(GI)は18日、京都競馬場の芝2000メートルのコースに3歳牝馬18頭が出走して行われ、単勝2番人気で四位洋文騎手騎乗のレッドディザイアが1分58秒2で制し、重賞初勝利をGI制覇で飾った。桜花賞とオークス優勝に続く史上3頭目の牝馬3冠を狙った1番人気のブエナビスタは3着だった。四位騎手はGI通算13勝目で、秋華賞は初勝利。松永幹夫調教師は初のGI勝利。
 レースはレッドディザイアが直線で抜け出し、猛追したブエナビスタをハナ差で抑えた。2着でゴールしたブエナビスタは、第4コーナーでブロードストリートの走行を妨害したとして降着。ブロードストリートが2着となった。 


競馬史上に残る名勝負になるはずだったのに残念だ。

この京都内回り2000mは毎度何か起こりますなぁ。
馬券的なハプニングには面白いコースだけど、力勝負をするなら、やはり京都外回り2400mを復活させて欲しいなぁ。秋華賞を2200m、エリザベス女王杯を2400mに戻した方が馬の能力も見定めやすいんだが。

ま、今回も3連複馬券はかろうじてGET!


しかし、毎週日曜日のたびに激しい女性アスリートの戦いを見せられて

世は満足じゃヾ(〃^∇^)ノ
第14回秋華賞GI予想。ブエナビスタは三冠に輝けるか?
2009年10月17日(土) 23:21

さあ、3冠目は順番が変わるのか、鉄板少女ブエナビスタが3頭目三冠牝馬に輝くか?

レッドディザイアはすっかり2着癖がついてしまったのか?

ブロードストリートの前走の鮮やかさは、力が本物になったのか、あるいは1800mまでに特化した脚なのか?

この3強がヌケてる感はあるが、3強が1着から3着を独占することは滅多に無いという事も知っている(^^ゞ

そこで3着馬推奨は、ハシッテホシーノ。
別路線からの騎手が魅力のパールシャドゥ。


それとも、ここは迷わずクラシック馬券はジェルミナルが3着固定か(笑)。

◎ブエナビスタ
○レッドディザイア
▲ブロードストリート
△ジェルミナル
△ハシッテホシーノ
△モルガナイト
×パールシャドゥ

2頭軸から流す3連単で勝負だな。

 | HOME |   NEXT>>


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close