無料
エロ
動画
様々なジャンルのアイドルを探索!世界の楽しいニュースに喜怒哀楽。理想のアイドルを求めて・・・
  • 2009/12
  • 2010-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2010/02
萩原亜紀 2010年一発目は彼女でした。
2010年01月10日(日) 00:03
前々から強烈なイキ方を見せる女優さんだと

有名でしたが、デビューした頃から手元にあったので後回しになってました。

萩原亜紀(はぎわら・あき)
別名:萩原あき、手塚里菜
生年月日:1969年6月9日
現年齢:40歳
出身地:東京都
血液型:A型
公称サイズ:T148cm /B80-W56-H83cm
ブラのサイズ:B
足のサイズ:22.5cm
2006年AVデビュー。熟女系の企画女優。
まだ出ていないが撮影済みの作品で脚本を手がけている。
激しいアクメ表現と、セリフも確かな演技力が魅力。


今年は女友達と逢った後のAVレビューになったので
ちょっと激しい女優さんをチョイスしたくなりました(^^ゞ
で、まずはインタビュー
初めて見る女優さんをチェックする時は、激しいと言われる女優さんほど、通常の自然体の話し方や、表情を見たくなるものです。
この亜紀さん
今回の作品が人妻物ということで、結婚5年目の30歳という設定でトークしてます。
冒頭に
インタビュアーの監督から「雨女ですか?」と聞かれて苦笑する亜紀さん。
どうやらスタジオの外はどしゃ降りらしい。
いきなり30歳って設定も嘘くさいが、まあ許そう(^^ゞ

なんでも主人の会社に派遣社員として入り、知り合ったんだそうだ。
主人ののろけで
とても優しいご主人のようで、経済的にも不満もなく、楽しく平和に暮らしているらしいが、こうしてAVに来たのは性活には不満があるからだ。

テレながら話してはいるが、旦那のSEXはただハメて出すだけらしい。

亜紀「でもすごくマジメないい人なんです」

監督「でも物足りないンだろ」の言葉に、亜紀さんは苦笑いでうなづく。
監督「ってことは、当然オナニーをやりまくってるんでしょう?」

亜紀「はい(笑)」

もっぱら妄想派の亜紀さん。
どんな絡みが希望なのかと訊けば「なんでも好きなようにしてください」と答えた。
さっそく
ストッキングを破り、両手を拘束してのジラし技。
そして、指マンから電マのAV定番責めに、あっという間の失禁アクメで痙攣し、ベッドに突っ伏す亜紀さん。
電マをあてがうだけで何度でもイキそう。
続いてバイブをハメれば、自らが動かし、いつものようなオナニーアクメ。
噂通りの超高感度なマンコがバイブを咥えて放さない。
表情の変化も興味深い。
AV初登場でなかなかカメラの存在を無視できる素人さんは少ないが、この亜紀さんはカメラ目線を気にしつつ、視聴者にアピールできる見事なセンスの持ち主だ。
オナニーをしつつ、男優さんのそそり勃つサオを見つめてしゃぶりつく。

本作品ではあまりフェラテクを披露することはない。

どちらかと言うとイマラチオのように、深々と咥えさせて、あまり動かす事が無い。
バックから
ゆっくりと挿入。亜紀さんの表情を撮るために超どアップ固定カメラだ。
ストロークも
ゆったりと、まったりしたピストンにジワジワと感じてくる亜紀さん。そして抱えて背面騎乗の体勢に。

自ら腰を振り、激しくイキまくる亜紀さん。
快感に
震えて体勢を維持できない亜紀さんはホントに感度良過ぎだ。
ここからの
騎乗位でのパフォーマンスがよく言われる亜紀さんならではのイキ方だが、エロ漫画を地でイクとはこのことだね。


   

これくらいに
上に乗ってイッてくれると、男はかなり楽(^^ゞ

普通は(といっても私の少ない経験上)上に乗っても、かぶさるように寝て、こちらが突き上げなきゃ何もならないんだがなぁ┐(-。ー;)┌

萩原亜紀さんと一度ヤッてみたいよ、まったく。
  
   
このあたりのアクションは動画で紹介するのが一番なんですが、私の古臭い環境がキャプ画止まりなので申し訳ない。

この連続キャプ画で魅力が伝わるのか、どうか(T_T)

想像力を発揮してご覧いただきたい。



いよいよ
ラストスパートは正常位での高速ピストン。
寄り目絶叫アクメでプラス痙攣トランス状態。
手の動きも変幻自在で面白い。

これだけ連続アクメすると、どこがピークか判らず、ヌキ処も難しい。
どこでも
ヌキ処なのかもしれないが、よく萩原亜紀さんの作品を途中までしか見られないって話も、こんなところが言われる所以だろう。

   
最後はゴムを外して、腹出しフィニッシュ。
同じ熟女系女優の天霧真世さんなんかだと、性の獣が入ってるって感じなんだけど、この萩原亜紀さんは「性の夜叉」を身体に飼ってるって感じです。

そして、この女もアクメ後の表情は美しいですねえ。
満足した笑みが湧き出てる顔だ。

さて、本作品のほかに、手元にはあと4本ほど萩原亜紀作品があります。

また、順次紹介しますが、これだけ派手なイキ方をする女優さんは、AVファンも好き嫌いがはっきりと多いだろうなぁ。

皆さんの感想も訊いてみたい女優さんの一人だ。

我らが黒木なみ同様にイク事に貪欲な身体をしてますが、より艶技力抜群ってタイプですからね。2ちゃんねるなんかには、「あれは演技じゃない」とコメントしてる方もいますので、判断はファンの方々にまかせましょうか。

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close