無料
エロ
動画
様々なジャンルのアイドルを探索!世界の楽しいニュースに喜怒哀楽。理想のアイドルを求めて・・・
  • 2012/01
  • 2012-02 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 2012/03
第29回フェブラレーステークス予想\(^o^)/
2012年02月18日(土) 21:44
最近はダートレースも昔と違って
かなりステータスが上がってきたように感じますね。

さて、いよいよ来月のドバイワールドカップに向けて楽しみな一戦が始まります。

昨年のヴィクトワールピサのドバイ制覇に触発されたのか
芝からの挑戦馬が目立つ今年のフェブラリーステークス。

グランプリボスとかスマイルジャック、ライブコンサートは賑わいとしては面白いが
とても危険な連中だ。

スタート地点が芝という東京ダート1600mというのは
ダート王を決めるレースとしては
あまりに歪なコースで昔から嫌いなところだ。
ここでいくら勝っても「注釈付き」ってイメージがある。

今年は逃げに近い前に行くトランセンドが外枠。
グランプリボスやライブコンサートに邪魔されて、先手が取れないんじゃないかと心配だ。
取れても無駄脚を使わされそうな展開が予想される。
エスポワールシチー、ワンダーアキュートが同じ枠で
ここが軸になりそうな展開予想だ。


◎トランセンド
○エスポワールシチー
▲ワンダーアキュート
△グランプリボス

ダート1600mでの力関係をそのまま印に表せばこれだが

上記の展開から3頭は互角と見ている。

連単ボックス買いで勝負。

ただ、連覇した馬がいないこと。

3強で決着することがめったにないので

邪魔するのはGI馬であって欲しいから
グランプリボスが芝を利しての先行逃げが決まるか、逃げ残りがあった場合の
組み合わせも少し考えておきたい。


結果にかかわらず
ドバイワールドカップには、トランセンドとスマートファルコンが行って欲しいので
とにかく無事にレースを終えて欲しいなぁ。
黒木メイサ、デキ婚。
2012年02月09日(木) 23:34
見た目はしっかりしてそうに見えた黒木メイサも

慌ててたんですねえ。



 元KAT‐TUNの歌手・赤西仁と女優・黒木メイサが今月2日に入籍したことが9日、分かった。都内で同居中という。黒木は妊娠している可能性もある。9日夜、赤西の所属事務所がマスコミ各社にファクスで発表した。

 赤西はファクスで「この度、私、赤西仁は黒木メイサさんと2月2日に入籍いたしましたことをご報告させていただきます。まだまだ未熟ですが、今まで以上に頑張りますので、どうか温かく見守ってくださいますようお願いいたします」と結婚報告した。文面では黒木の妊娠について触れていない。

 ビッグカップルの誕生‐。しかし、“できちゃった婚”は赤西が所属するジャニーズ事務所には事後報告だったとみられる。1月末に交際が報じられ、双方の事務所が否定してから2週間。赤西が27歳で黒木は23歳。愛に突っ走った若い2人に、周囲は大混乱となった。

        


 真剣交際が明らかになってからわずか2週間での衝撃の展開となった。

 スポニチの取材によると、メイサは現在妊娠初期の2カ月。いつ妊娠が分かったのかは不明だが、8日までにそれぞれの所属事務所に報告。

 先月中旬から突然2人の目撃情報が相次ぐようになった。14日の沖縄を皮切りに、21日に東京都江東区のららぽーと豊洲でショッピング、22日に千葉県浦安市の東京ディズニーシーで仲良くデートしている姿が目撃された。

 昨年11月に全米デビューを飾った赤西は、3月7日にアルバム「JAPONICANA」を日米同時発売し、ロサンゼルスなど5都市を回る全米ツアーを敢行する。12月にはキアヌ・リーブス(47)と共演したハリウッド映画「47RONIN」の公開が控えており「JIN・AKANISHI」の名を世界に広めることが期待されている。

 一方、メイサも出演映画「麒麟の翼」が公開され、15日にはセカンドアルバム「UNLOCKED」を発売し、テレビ出演もあるなどめじろ押し。出産、結婚後も仕事を続けるという。



去年の震災から後、芸能人の結婚がブームのように多くなってますねー。

みんな、イザって時に1人じゃ淋しくなっちゃったかな?



強引に結婚するための中出し婚ですな。

女性はえらいわ。

事務所的にはたまったモンじゃないって感じでしょうか(*≧▽≦*)



私の知人なんぞは「何年もつか、賭ける?」なんて言ってるf^^;



黒木メイサがアイドル的人気があったのか、どうかは知りませんが
昔と違って、最近の芸能界は結婚しても働ける場所が多くなりましたねえ。


それにしても黒木メイサの男の噂は多かったねえ。
そんなにしてまで早く結婚したかったんですか。

ヤリたかったんですか(*≧▽≦*)
AKBメンバーの母が淫行で罰金刑に。
2012年02月09日(木) 09:37
アイドル人気も頂点を極めると、色んな落とし穴が出てくるモンですなぁ。

また、マスコミへの圧力も思いのままなんでしょうか?


さて、こんなニュースが2、3日前から騒がしい...

7日、9日に発売予定の「週刊文春 2月16日号」が「AKB48の高橋みなみの母親が淫行容疑で逮捕」
なるスクープを報じることが判明、ネット上ではすでに大きな話題をよんでいる。

同記事では、地元の少年グループの1人から聞いた話として、高橋みなみの母親が、
ヤンキー少年Aと関係を持った経緯について詳細が綴られている。高橋みなみの母親は、芸能界入りした娘を助けて応援する一方、息子を溺愛する一面もあり、高橋みなみの弟と親しかった少年Aは、弟との関係を盾に母親へ迫ったとされ、母親は息子可愛さのあまりに断ることができず、数回に渡って少年Aと関係を持ったという。

その矢先、一部メディアが東京都青少年健全育成条例違反容疑により母親が逮捕されたと報じた。 同報道では「AKB48メンバーの母」としており、高橋母の名前こそないものの、週刊文春の報から同一人物である可能性は極めて高く、すでに略式起訴され、50万円の罰金刑が確定しているようだが、ネット掲示板は炎上状態に。

高橋が所属する派生グループ“ノースリーブス”名義のブログ・コメント欄にも、
「お母さん、大丈夫か?!」「一人じゃない、味方だよ!」「ファンは見捨てたりしません」「何があっても辞めないで」など、彼女を心配する書き込みが殺到している。

「AKB48とは高橋みなみのことである」。秋元康にこう言わしめ、グループ全体を取りまとめる 彼女の責任感の強さを考えると、今後の活動に大きな影響を及ぼすことは必至か。




不思議にことに。
あの東スポや夕刊フジ、日刊ゲンダイですら1行も触れることはありませんでした。
その理由は、やはりAKB48の巨大な力によるもののようなのですが、実はもう一つ、隠された理由があるようなのです。

(以下引用)
「母親は八王子署の事情聴取に対し、『長男の先輩にしつこく迫られ、仕方なく関係を持った』と説明したようです。
不良グループの先輩、後輩の関係をチラつかせ、弟の名前を出しながら強引に関係を迫るAの要求を断りきれなかったというのです。傷害事件ですべてが明るみに出る以前から、弁護士を通じてAの両親と話し合いをしていたといいます」
(事情を知る関係者)

そうした経緯があったからか、母は書類送検されたというが、処分を受けることはなかったようだ。
(以上引用 週刊文春)

条例にてらせば、高橋さんのお母さんに非があることは明らか、に見えます。
何しろ、昨日もネットで話題になっていましたが、Aと母親は一緒に自宅近くのラブホテルに行ってまで関係を持っているんです。
いくら自分の息子がワルだったとしても、15歳の息子の相手が44歳の女性だったとしたら、親としてみれば“たぶらかされている”と思いますよね。
条例で禁じられていることなんですから、訴え出て当然の事件です。
それなのに、Aの両親は警察に届け出ることなく、弁護士を通じた話し合いに応じていた。
それだけで、何か特別な事情があったであろうことは察しがつきますよね。

そのワケを暴くということは、15歳の少年の非を、ただの一般人である15歳少年の心の闇を世間にさらすことになります。
高橋さんのお母さんが甘んじて逮捕を受け入れている以上、それを世間にさらすことには何の意味もありません。
メンズサイゾーさんの記事によると、一応スポーツ紙の記者が動いてはいるようですが(上記証言で“取材段階”と述べています)、記事になることはないような気がしますね。
いろんな意味で。
続報を出す可能性があるのは、おそらく週刊文春さんだけでしょう。
ただ、“興味本位で扱えるネタではない”そうですし、その部分をつついてみても今回以上のスクープになるとも思えません。
このままうやむやになっていくんでしょうね。


私の住む地方では地方紙が普通に記事にしてました。
もちろん、「AKBメンバーの母」という表記で特定はしてませんが。
事件というほどでもないし、もう処理されている事から、騒ぎ立てる事も無いと判断したのか、これを報道してAKB関係からスカンされるのが得策ではないと考えたのか。

しかし、いつもならここからある事無い事、創作記事を捏造するエキサイト新聞らが音無しの構えを見せるとは、逆に気味が悪いモンですねえ。

少年Aは中出ししなかったのか?
フェラってもらったのか?

とか・・・。




人気タレントの足を引っ張る家族って、過去のタレントにもよくありましたね。


まるっきりAVのような話なので

どこかのメーカーはさっそく台本でもしたためてんじゃないかな。

この記事の展開をそのまま信じれば、未成年の熟女レイプはやり放題ですな。

昔、飛龍乱か何かのエロ漫画にそんなのがあったような(マニアック〜)。



それにしてもネットでコレをネタに
アンチAKBがたかみなをやり玉に書きたい放題のくだらない言葉を並べてる。
見事なモンだなぁ。
島くみこ→増田ゆり子→普通の叔母さんへ。
2012年02月07日(火) 10:30
2000年頃によく見てた女優「島久美子」。

今、同姓同名の政治家もいるらしいが・・・(*≧▽≦*)


あいも変わらずVHSからDVDへのダビングも

暇を見つけては少しずつ進行中。


島久美子もその1人。
特別イキっぷりがいいとかは無いんだが、ルックスが好きだった。

そして、お仕事のデタラメさも好きでした。
女子校生をやりながら、OLやったり

美少女モノをしつつ、中出し連発凌辱モノだったり

来るモノ拒まずのスタイルが素晴らしい。
島久美子(しま・くみこ)
別名:島くみこ、南久美子、他いろいろ
ボディ:T155cm B84-W59-H84
趣味:テニス

デビュー当時からインディーズが舞台だったので

ハードなレベルの低い(低予算)作品ばかりでしたが

薄消しやモザイクの掛け損ない作品も多々あり

一部に人気のある女優さんでした。

しかし、ずっと引退はしてなかったようで

改名しては色んなレーベルで活動してたようです。

わずか5年ほどのインターバルの間に見違えるような熟女に変身してました。

まずは島久美子作品を急いでダビング中です。



増田ゆり子になってからのポッチャリ熟女路線は

メジャーメーカーからもリリースがあり

ある意味、島久美子時代よりもステータスが出来上がってましたねー。

アナルもやれば、少々のスカ物もあるし。


増田ゆり子(マスダユリコ)
生年月日:1970年01月01日
血液型:B型
出身:東京都
スタイル:T155cm B103(G-70)-W74-H98
趣味:読書、映画鑑賞
特技:料理、陸上、バスケ

ボディがずいぶんと大きくなった割には、プロフィールはスポーティーになってますなぁ。

もうホントにいい加減なプロフですわ。

ウエストのサイズもサバ読んでるし(^^ゞ

しかし、エロさと身体の抱きごこちの良さは確実にアップしてますね。

熟女となってもマグロ気味のSEXはあいかわらずですが

微妙に積極的な感じが匂って来るのはさすがです。


2008年に引退したらしいんですが、まともに信用できません(笑)。

再編モノやオムニバス作品はいまだにリリースが続いてます。
バースディに一発。「加納だりあ」
2012年02月07日(火) 07:15
本日は数十回目の誕生日でした(^^ゞ

ここんとこは祝ってくれるモンもいないので

日が変わる真夜中に

お気に入りDVDのボックスから手さぐりで1枚。


ありゃりゃ

加納だりあ・・・(*≧▽≦*)

懐かしい。



でもイケる。(*`▽´*)

FAプロでの作品を最後に見なくなったなぁ。

この鋭い眼差し。

身体の見事な刺青も魅力のひとつだが、今回はそれを見なくても

艶技と反応の良さでOK。

それでいて、時折見せる普通の素顔と

穏やかな笑顔のギャップがやはりいいんだな。

バリバリのアイドルも大好きだが、こうした一見どこにでもいるようなタイプも

大好きなんだなぁ。

今回見たSMモノでの演技も、カメラを意識しない乱れっぷりは素晴らしい。

調教され躾られていく様が、今見てもいいモンですなぁ。

と、いまだに私はハマってた(^_-)-☆

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close