無料
エロ
動画
様々なジャンルのアイドルを探索!世界の楽しいニュースに喜怒哀楽。理想のアイドルを求めて・・・
  • 2017/06
  • 2017-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/08
懐かしの『影山莉菜 TOKYO DOLL』
2007年09月08日(土) 00:39
久しぶりに影山莉菜を見た。

『TOKYO DOLL』東映ビデオ1992/ユープロビジョン/伊藤聡監督

下記にAV研究所のレビューを紹介。



エロ系Vシネマとしては、十分女優を生かした作品で、限られた範囲内での画面作りで興奮できます。
影山莉菜(かげやま・りな)1966.7.4.埼玉(栃木説も)出身 血液型A(O説も)
T154.B85.W58.H83.カリスマ・ストリッパーだ。


1986年に20歳でストリップ・デビュー。以後1995年11月5日に引退するまで常にトップ・アイドルでありつづけた。91年11月に事故で大変な重傷で全治6ヶ月のところを、3ヶ月で舞台に戻ってきたというエピソードも有名。この作品は事故前に撮影されたのかも...?


ストーリーは、OLリナ(影山)の元へ届けられる一輪のバラ。見知らぬ男がリナに仕掛けた愛欲の罠だった。バラが届くと、その夜に電話がかかってくる「君の本当の魅力を引き出してあげよう」。彼氏のタダオとは最近ギクシャクしたものになっていた。会社の同僚ケイコにタダオを寝取られてしまい、ある夜とうとう電話の男の誘いに乗ってしまう。
「これはゲームなんだよ」

待ち合わせの場所にベンツでやって来た男は、リナを目隠しして男の部屋に連れて来られた。男の命令を受ける時は、手を頭の後ろで組み「服従のポーズ」を取らされる。裸にされ犬のようにバックから犯され、体位を変えながら激しく突かれ、クタクタになって戻された。


そして一週間が過ぎ、男がまたバラを手にやってきた。リナはもう待ち焦がれている自分に気づいていた。
目隠しからイラマチオ、正常位で激しくカラミ、グッタリとなって寝そべるリナのアナルにローションを垂らし強引にアナルファックされる。
「あ、許して、そんなところ...おしりは嫌!.痛い」
「私を24時間忘れないようになるんだ」と、それから毎日セックスをすることになるが、開放されたように職場でも活き活きしたリナになり、同僚のケイコは面白くない。







女にイカされることも覚えさせられた。


ある日、リナは男に連れられて「ストリップ劇場」に入り、客のいなくなったステージでセックスショーを見せられながら、男にファックされる。


見られることに快感を得たのかステージで男にファックされながら「私はあなたのモノです。イカせてください」と悦ぶ女になっていた。


リナの変わりように嫉妬したケイコは、リナの後をつけるが男にリナ同様にSEXジャンキーに調教されてしまう。

元彼のタダオの目の前でアクメの声をあげるリナ。
元彼のタダオはそんなリナを見せられ逆上し、男を突き飛ばし殺してしまう。
「ゲームは終わり」リナはつぶやいた。

場面は一転、華やかなストリップショーになり、踊るリナは天職を得たように輝く笑顔だ。
ストリップ界のスーパースター影山莉菜のPVみたいな1本だ。その意味では「最高」だが、抜き目的からすると発射シーンがないので「普通」以下かもしれない。

私らとほぼ同世代のストリッパーだっただけに
特に思い入れがありました。

今は誰かの奥様になって幸せなんでしょうか(^^ゞ


 影山莉菜の名前はもちろん知っていますが、さて外見は?と言われると曖昧なイメージしかありませんでした。
 なるほど、キレイですねぇ。今でも十分に通用しそうです。ところどころ少し「氷高小夜」にも似て見えますが、雰囲気は違いますか?
氷高小夜ほど強烈な個性はありませんね(^^ゞ
見た目の感じは、ショートカットからそんな印象を持たれるかもしれませんが
実際に喋ってる話し方を聞いてもらえば、ぜんぜん雰囲気が違うことが判ります。

またいずれ(^^ゞ
影山莉菜さんの作品を観たいのですが、ビデオ作品だけなので困っています。
DVD化されるのでしたら購入してみたいです。
>ひろ 様
いらっしゃいませ。

そうなんですよね〜。DVD化は見当たらないです。
中古ビデオで捜すしか無いのが残念。
この「TOKYO DOLL」は東映が発売元なのでひょっとしたら可能性はありますね。
去年か一昨年にスカパー東映チャンネルで放送はされてました。

1995年に引退する頃にテレビ番組でも取り上げられてたのが、最後のお姿なのかなぁ。
もう14年も経つんだ( ̄。 ̄)
><
最初、影山莉菜さんを知ったのは雑誌でした。
そのころは酒井法子の大ファンでした。
容姿、雰囲気がすごく共通するとこがあり1度は公演にいってみたいと思っていました。
それから月日も流れ、1995年引退が決まりました。
今いかないといけないとの焦燥感においやられ、会社をやめました^^
それからは、毎日のように朝から通った思い出があります。
結局、引退公演には20回以上いきました。
><
↑から続

引退最終日には、道玄坂に多くのファンが集まり、莉菜さんを送り出しました。
みんな群がることもなく、1人道玄坂を下っていく莉菜さんの後姿を紳士的に見送りをしていました。その後姿がいまでも印象的です。
影山莉菜はいまでも、私の永遠のアイドルです。

>元常連さま
いらっしゃいませ。

貴重なお話ありがとうございますm(__)m

のりピーのファンであった事など、私めも同じような趣味で嬉しい限りです。
引退公演、最終日の様子など、当時は週刊誌やグラビア誌、果てはテレビでも
取り上げられてた事を思い出します。
近いうちに当時録画した引退特集のテレビ番組をキャプってレビューしたいと
思ってます。
当時 中学生だった私はEXテレビでコメントをする影山莉菜さんに夢中でした。今も強烈に印象に残っています。幸せな生活を送られていることを祈っています。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://namikuroki.dtiblog.com/tb.php/258-25507a3f

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close