無料
エロ
動画
様々なジャンルのアイドルを探索!世界の楽しいニュースに喜怒哀楽。理想のアイドルを求めて・・・
かな 24歳 (ガチん娘!シリーズ)
2009年06月24日(水) 23:55
かな(KANA) 24 歳 B85W60H89
ダウンロードサイトやネット販売系DVDで気になる女優だ。

一人よがりな印象で言うと、安藤美姫と米倉涼子を足して割って
小柄にして可愛さを出したようなイメージのかなさん。

このメーカーの「女体解析」シリーズで
高感度でビックンビックンとアクメ痙攣を見せてくれた かなさんが
「ガチバトル」シリーズで再び登場。

タイトル通り無制限一本勝負でガチバトルだ。


笑顔は可愛いが口も大きい。

けれど柔軟な身体も魅力の一つだ。
フェラテクは
ソコソコですが、このハメ撮りシリーズの監督のデカチンを楽々咥える口の大きさはOKだなヾ(〃^∇^)ノ


   
腰を持ち上げて簡単にキヌタ突き。
バック、駅弁、背面座位と突かれて喘ぐ表情もいい。
さすがのかなさんも
ダウン( ̄。 ̄)ホォ〜。



休憩を挟んで再戦。
おっパロスペシャルか(^_-)-☆
こうした突きで何度もアクメってるかなさんが可愛いッス。
個人的には、このいわゆる「つぶれバック」っていう体位が好きでよくやる技だけに、効果的にキマってるシーンを見ると妙に興奮します(*≧▽≦*)
何度目かの
アクメの後、正常位に戻って、快感に震えるかなさんに中出しフィニッシュ。
グッタリしつつも、キモチよさに自然と笑顔に。
次回作があるのなら、もうひとつエスカレートしても楽しみな女優さんですね。

意識を失うような深イキではありませんが

なかなかビジュアル的な反応(痙攣アクメ)が可愛い かなさんでした。
第32回帝王賞 Jpn1 GI予想(^^)/
2009年06月24日(水) 19:35
本日午後8時10分発走予定で「第32回帝王賞」がある。

指定交流ダードGIレースだ。

大井競馬場が舞台だけにNARに所属してる馬たちにがんばってもらいたい。

ダートレースに復活した王者カネヒキリが戦線離脱してしまったのは残念だが

地方競馬の雄、昨年の勝ち馬フリオーソは史上初となる連覇に絶好のチャンスだ。

またJRAのヴァーミリアンもここで復活を狙ってるはず。

復活ならアロンダイトもやっと上り調子みたいだ。

そして馬場が悪化してるようなのでアジュディミツオーにも一発がありそう。

◎フリオーソ
○アジュディミツオー
▲ヴァーミリアン
△アロンダイト
×ボンネビルレコード


フリオーソとアジュディミツオーが喧嘩せずに

行った行ったのレースになれば、私の馬券の登場だ(*≧▽≦*)
二世タレントが目立ちはじめたかな。
2009年06月24日(水) 12:26
今朝のスポーツ紙を見ますと

元横綱・千代の富士の娘(次女)秋元梢
秋元梢がモデルデビューと載ってた。

先々日には、白石まるみの娘
守永真彩がグラドルデビューとも載ってた。

さんまの娘IMARU
IMARU
とんねるず石橋の娘の穂のか
穂のか


長渕剛の娘
長渕文音

甲斐よしひろの娘
なつ....etc


国会で「世襲議員」が問題になってるが

芸能界も久しぶりに二世タレントが続々デビューして話題だ。


かくいう私も

プライベートでは父の仕事の跡を受け継いでるから二世タレントだ(笑)。

ま、私の場合は父の死後、貧乏仕事の跡継がなきゃどーしようもないかったんだが

人気タレントの子供は

経済的には不自由なく、好きなことに打ち込めれる幸せを醸し出してる方が多いね。



日本の芸能は、基本的に昔から世襲制なってるから違和感は無い。

歌舞伎などから、映画界にやってきた役者はほとんどが二世、三世、あるいは親戚、縁者ばかりだ。

でも70年代からテレビオーディション番組が人気になり

世襲以外の方法でデビューする事が人気になったため

最近の二世タレントは「親の七光り」と、必要以上に言われてしまう傾向にありそう。


昔の二世タレントは、それでも子役から順番にたたき上げて行ったイメージがあるんだが

今の子は、なんかポッと出というイメージが良くない。

名前を隠してオーディションを通ったとか言っても、1年も経たずに素性がバレる訳だし

意味の無い後付けの実力だ。


しかし「七光り」と呼ばれる御威光とは素晴らしいもので

今は人気者になったDAIGOも御祖父さんの名前を出しただけで

芸能界でのポジションが格段に変ったからねー。

やってる事や喋り方はDAIGO☆STARDUSTとしてスタートした頃と変らないんだけどね。



果たして10年後も

活躍している二世タレントが何人残ってるのか?

を見届けるのも楽しみだ。

聖子の娘・神田沙也加(22)が今年の暮にデビュー10年目になるんだが

彼女とて大成功の10年とは言いがたい。

あまりに親が大スター過ぎると、その子は大変なんだよね。

田村高廣、田村正和、田村亮の3兄弟(父:坂東妻三郎)
藤山直美(藤山寛美)
堺正章(父:堺俊二)
佐藤浩市(父:三国連太郎)
寺尾聡(宇野重吉)
中井貴一(父:佐田啓二)
加山雄三(父:上原謙)
関口宏(父:佐野周二)
香川照之(母:浜木綿子)
松たか子(父:松本幸四郎)
宇多田ヒカル(母:藤圭子)
緒形直人(父:緒形拳)
北大路欣也(父:市川歌右衛門)
船越英一郎(父:船越英二)
松方弘樹、目黒祐樹 (父:近衛十四郎)

といった方々は比較的成功した俳優や歌手ですが

必ずしも親よりも活躍したかと言われると、そんなコトは無い。

まして、IMARUや穂のかが必要以上に騒がれては逆効果だろう。



と、えらそうに言ってる私は

二世タレントが嫌いじゃない。

競馬好きだけに血統は興味深いし

「芸能界のサラブレッド」とか言われてるのを見るのも好きだ。

あの安田記念、天皇賞とGIを連勝したニッポーテイオーの子供でも

ハルウララのように1勝もできないヤツも出る。

大スターの子供が薬で何度も逮捕されるのも見慣れた光景だ。



ところでAV女優の二世タレントは出ないかなぁ(^^ゞ

東清美の娘とか、小林ひとみの娘って出てきたらスゴイんだけど。

逆に豊丸の息子とかって男優が出てきたり・・・(んなこたぁない)。

子供の頃から性教育が完璧な男優とか出てきて

リアル「女飼い」なーんて。

妄想はこのへんにしときましょうか(*≧▽≦*)

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close