無料
エロ
動画
様々なジャンルのアイドルを探索!世界の楽しいニュースに喜怒哀楽。理想のアイドルを求めて・・・
  • 2021/12
  • 2022-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2022/02
AV女優の愛沢ひな、覚醒剤取締法違反で逮捕(`o´)
2009年06月29日(月) 17:21
 またか・・・


警視庁四谷署は覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、AV女優の愛沢ひな(本名・行天(ぎょうてん)佐知子)容疑者(24)=東京都港区麻布十番=を逮捕した。同署によると、愛沢容疑者は「弁護士と相談してから話します」などと認否を保留している。

 同署の調べによると、愛沢容疑者は27日、覚醒剤を使用した疑いが持たれている。同署に任意同行された後、尿から覚醒剤の成分が検出されたという。

 同署は愛沢容疑者が覚醒剤を使用しているとの情報を得て、自宅マンションを捜索。注射器などを押収した。

 AVメーカーのホームページなどによると、愛沢容疑者は平成18年にデビュー。すぐに人気女優となり、これまで少なくとも作品数十本に出演しているほか、ヌード撮影会のモデルなどとしても人気だった。趣味は旅行、特技はバドミントンなどとしている。

四谷署によると、行天容疑者は逮捕容疑について「弁護士と相談して話す」としている。


「行天 (ギョウテン)」・・・・・ 昔、四国に行天村というところがあったそうです。だから行天さんが、観音寺市、高松市、善通寺市、多度津町あたりにいるそうな。


愛沢 ひな(あいざわ・ひな)
生年月日: 1984年10月28日
現年齢: 24歳
出身地: 北海道?香川県?
血液型: O型
公称サイズ:身長 158 cm / B86(C)-W56-H80cm
AVデビュー: 2006年h.m.p.モーレツ小悪魔☆毎日ハメハメハー』
       2007年11月に『絶頂中出しSEX』でワンズファクトリーより中出し専属女優としてセルデビュー。
       2009年までに60本以上の作品(オムニバス含む)をリリース。




またも覚醒剤取締法違反で逮捕か・・・。

いいかげんダークなイメージがある業界なのに、またも同じことの繰り返し。

ここに書き込むようになってからでも、もう4件、5件目かな。

一方で華やかなAV界もあるけれど

多くはアングラな世界で金の為だけに身体を売るクラシックな商売。

薬に逃げるのか?

クスリで逃がさないのか?

あるいは・・・。

この業界にドップリ漬かってハードなプレイをこなす女優ほどヤバイ感じがする。

どこかでクスリ問題は断ち切らねばならないが

クスリ漬けを逆に謳ってる作品が売れたりしてるのも難しい問題。


愛沢ひなはデビューした年から、h.m.p.でありながら中出し物に早くも挑戦。

中出し専属女優なんて肩書きで活躍してたね。

私がチェックしたのは去年になってから。
クリアーな顔立ちの女性なのにもったいないなぁ。

クスリ漬けとは・・・。




最近見た作品を2本紹介。

「カミカゼ・ガールズ 44 : 愛沢ひな」2008.4.
この作品で無修正AVデビューとなる愛沢ひな。ナチュラル系な美しさがたまらないひなちゃん。アート系参考書のヌードモデルのお仕事もするとか。さすがにその時は、いつものM字開脚やドギースタイルのお尻突き出しポーズといった卑猥なポーズはしなかったそうです。インタビュー&フェラ、オナニー、生中出しセックス、バイブ責め、唾液まみれフェラ、生中出し3Pセックスを収録。ナチュラルであっさり系?と思わせといて、敏感ボディで感じまくりひなちゃんはかなり卑猥です。




「ムゲンエクストラ 19/愛沢ひな」2008.7.
大量のザーメンを中出し!愛沢ひな。神風で無修正AVデビューをはたしたナチュラル系美女・愛沢ひなちゃんがムゲンエクストラに登場。可愛い容姿にアンバランスな濃厚で卑猥系プレイがたまらないモデルさん。ディープスロートで口内発射、あえなく昇天中出し本番、ぶっかけ顔射、強烈電マ責めで昇天、隠語連発で超卑猥3P本番を収録。無修正AVには意外と少ない隠語プレイがあるとこに注目!プレイ中に可愛い顔で卑猥なこと言われると興奮度アップ!ですよね。美乳エロ系娘・愛沢ひなが魅せる濃厚プレイ満載で本番2発を収録しています。

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた元アダルトビデオ(AV)女優行天佐知子被告(24)の初公判が4日、東京地裁であり、被告は起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑。半田靖史裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

 被告は「愛沢ひな」の芸名でAVに出演していた。

 半田裁判官は判決理由で、被告が2002年ごろから知人から入手するなどして覚せい剤の使用を繰り返してきたと指摘。「依存性は高いが反省している」と述べた。

 判決によると、行天被告は6月24日ごろ、東京都港区の自宅で覚せい剤を若干量、腕に注射した。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close